大相撲九州場所五日目

稀勢の里が今日から休場。場所前好調の情報と初日の動きを見るに復調するであろうから来場所に期待したい気持ちが3割,さすがに引責辞任すべきという気持ちが7割の複雑な心境。

 

翔丸が上手くいなして崩し,千代丸を押し出し。

千代翔馬が左四つ,豪快な右上手投げで崩して表しを寄り切り。

奄美が粘って右四つ,投げのうちあいとなったが隆の勝を左上手投げ。

立ち合い一度合わず。二度目,遠藤と明生が左四つ,遠藤が先に先に攻めてやや苦労したが寄り切った。

阿武咲がするりと中に入って隠岐の海を押し出し。

碧山と千代の国が突き合い,碧山がはたいて崩して右四つで捕え,そのまま寄り切った。

豊山が宝富士を押し出し。

勢が左四つ早く,電車道佐田の海を寄り切り。勢が良い相撲だった。

松鳳山が引いて呼び込み,大栄翔の押し出し。大栄翔の圧力が強かった。

琴奨菊が攻めていったが,阿炎が引いてはたき込み。

 

千代大龍が輝を引き落とし。

中に入ろうとする嘉風と突き起こす貴ノ岩で激しい相撲になり,嘉風が押し込もうとすると貴ノ岩が逆転の左からの小手投げ。

正代が左四つから巻き替えて右四つ,朝乃山を左からの上手投げ。

妙義龍が浅いもろ差し,竜電を寄り倒し。竜電はうっちゃろうとしたがタイミングが遅かった。

貴景勝が押し込み,いなして崩して逸ノ城を押し出し。貴景勝好調で5連勝。

魁聖が外四つながら良い形を作り,御嶽海を寄り切り。御嶽海は3敗目。

豪栄道もろ差しで一気に寄ろうとしたが,錦木が右からの小手投げ。錦木は大関戦初勝利。

稀勢の里休場で玉鷲が不戦勝。

栃ノ心が一度つっかけ。二度目,北勝富士が中に入って押し込み,栃ノ心を押し出し。

高安立ち合いかち上げも栃煌山もろ差しで中に入ろうとし,栃煌山おっつけて攻めて一度体が離れた後,両者組み合って右四つ,高安が巻き替えて左四つになろうとすると,栃煌山巻き替え直して巻き替えあい,高安の注意が左腕に集中しているところを栃煌山が左からのすくい投げ。熱戦。

 

大関から全勝が消滅。平幕上位では貴景勝栃煌山が全勝。

大相撲九州場所四日目

奄美が右四つで千代丸を寄り切り。

荒鷲が中に入って寄っていくと明生左から豪快な小手投げ,しかし荒鷲が宙に浮いている間に自らも右手も土俵についてしまい微妙なところ,軍配明生で物言い。長い協議になったが,明生の手が付く前に荒鷲の体が飛んでいるとみなして軍配通り。しかし,明生の手が付くほうがやや早かったので,同体取り直しとしてもよかったように思う。

阿武咲が一方的に攻めて大翔丸を押し出し。

碧山が千代翔馬を押し出し。

遠藤が隆の勝を押し出し。

隠岐の海豊山をはたき込み。豊山は馬力が無い。

琴奨菊が右四つながら佐田の海を寄り切り。

両者頭で当たってごつっと音が鳴り,押し合いになって大栄翔が千代の国を押し出し。大栄翔が良い押しだった。

阿炎が宝富士を押し出し。

貴ノ岩が張り差し右四つ,頭をつけてじりじりと攻めていったが,勢が右から切れ味よく下手出し投げ。決まり手は下手投げがとられた。

 

松鳳山手付き不十分で不成立。二度目,輝が押していって松鳳山土俵際でもろ差し,輝が極めてこらえると松鳳山の膝が入ってしまい,輝の引き落とし。

朝乃山が先に攻めたが,嘉風が上手く体を入れ替えて押し出し。

千代大龍が竜電をはたき込み。

貴景勝が一方的に突いて正代を押し出し。

御嶽海が押していったが妙義龍が右四つで組み止め,妙義龍の寄り切り。御嶽海が非常に痛い2敗目。

北勝富士が頭をつけて右四つ,逸ノ城が肩越しの左上手で押しつぶしにいったが,北勝富士がこれをこらえて押し切り,北勝富士の寄り切り。北勝富士はよくがんばった。

栃ノ心魁聖が右四つがっぷり,栃ノ心の寄り切り。

高安が錦木をはたき込み。

豪栄道が当たってすぐに玉鷲をはたき込み。玉鷲は今日で1125回連続出場で現役単独最多。

稀勢の里が左四つで攻めていったが浅く,栃煌山が下がりながら左からのすくい投げ。行司軍配稀勢の里で物言いがつき,長い協議の結果,行司軍配差し違えで栃煌山の勝ちとなった。打倒な判断。栃煌山は金星。

 

横綱の初日からの4連敗は87年ぶりで,年6場所制以後では初。また3日連続の金星は史上初。稀勢の里がまた変な記録で歴史に名を残してしまった。

大相撲九州場所三日目

魁聖再出場。

 

千代丸が荒鷲をはたき込み。

奄美が右を上手くこじ入れ,明生を寄り切り。

翔丸が当たってすぐに千代翔馬を突き落とし。

阿武咲が引いて呼び込み,隆の勝が中に入って喉輪,隆の勝の寄り倒し。

突き合いになり,碧山が遠藤を突き出し。

隠岐の海左四つで寄っていくが,千代の国土俵際で巻き替えて回り込み,互いに右四つで千代の国が攻めるも体勢が悪く,隠岐の海が右下手投げ。

豊山が懸命に押していったが佐田の海がこらえ,豊山が引いて呼び込み佐田の海の寄り切り。

琴奨菊が左四つとなり寄っていこうとしたが,大栄翔が右から振り回して寄り切った。

宝富士が左四つの良い形を作り,勢を下手投げ。

阿炎が突き起こしてから松鳳山をはたき込み。決まり手は上手投げを取られた。

 

 

輝が押していったが,貴ノ岩の突き落とし。

千代大龍が立ち合いからよく攻めて,朝乃山を押し出し。

嘉風が中に入りかけたが,正代が強烈に押し返してふっとばし,正代の押し出し。

貴景勝が一気の出足で竜電を押し出し。

 玉鷲が喉輪で攻めて逸ノ城を押し出し。玉鷲が豪快な相撲だった。

立ち合い一度合わず。二度目,御嶽海が浅いもろ差し,錦木を寄り切り。

高安が魁聖をはたき込み。魁聖全く踏ん張れていない。

豪栄道が攻めていったが,栃煌山が土俵際で逆転の突き落とし。決まり手は左からのすくい投げが取られた。

妙義龍が浅いもろ差しで攻めたが栃ノ心が左を極めて押し返し,栃ノ心のはたき込み。危ないところはあったが,栃ノ心が何とか勝った。

離れて取る展開,互いに懸命に押したが稀勢の里の体が先に崩れ,北勝富士の突き落とし。北勝富士金星。

 

稀勢の里3連敗。流れが非常に悪い。

大相撲九州場所二日目

琴恵光が荒鷲を押し出し。

明生が千代丸を左から豪快な小手投げ。

千代翔馬が投げで呼び込み,大奄美が攻めていったが,千代翔馬が思い切り足を飛ばして蹴返し。

立ち合い一度合わず。二度目,大翔丸が隆の勝をはたき込み。

阿武咲が中に入り,碧山を押し出し。

遠藤が左四つで一気に寄り,隠岐の海を押し出し。遠藤が良い内容。

佐田の海が一気の出足,左前まわしを取って千代の国を寄り倒し。

豊山と大栄翔の押し合い,大栄翔がうまくいなして突き落とし。

琴奨菊が左四つで勢を寄り切り。

松鳳山もろ差しから押して攻め,もろ差しで中に入って宝富士を寄り切り。

 

阿炎が一気の出足で突き,貴ノ岩を押し出し。

輝が押し込んでいったが,朝乃山が左上手で捕えてかわしながら上手投げ。

千代大龍電車道で正代を押し出し。

竜電が一気の出足で嘉風を押し出し。

御嶽海が左四つで密着し,玉鷲を押し出し。

栃煌山が当たってさっといなし,逸ノ城を引き落とし。

豪栄道が右肩から当たろうとすると,貴景勝がこれを上手くいなして左からの突き落とし。豪栄道が不用意な負け方。

錦木が先に攻めて押し込んだが,栃ノ心がおっつけて崩して左差し,錦木を寄り切り。

北勝富士が押して攻め,高安一度は一回転したが向き直って引き,高安が北勝富士をはたき込み。

妙義龍が差し勝ってもろ差し,徐々に深く差して足も飛ばし,万全に崩して稀勢の里を寄り倒し。稀勢の里,初日は足腰が戻ってきていて流れで負けたように見え,今日も粘りはあったが立ち合いで決定的な敗戦を喫していて,この後調子が戻ってくるのか不安になってきた。妙義龍金星。

大相撲九州場所初日

初日から白鵬鶴竜魁聖が休場。

 

千代丸が突き放して攻めたが,矢後が耐えて突き落とし。

奄美が差し勝ってもろ差し,荒鷲を寄り切り。右の相四つだが,その形にしなかった大奄美が良い相撲をとった。

明生当たり勝って綺麗な右四つ,大翔丸を寄り切り。

千代翔馬が当たってすぐ左にかわし,隆の勝を引き落とし。

離れて取る展開,阿武咲が遠藤を押し出し。

隠岐の海が左四つで捕え,碧山を寄り切り。

千代の国が右上手を取って振り回して崩し,豊山を押し出し。

大栄翔が攻めていったが,土俵際で佐田の海がたぐってかわし,送り引き落とし。珍しい決まり手となった。

琴奨菊が左四つ,宝富士を寄り切り。

松鳳山右からの張り差しでつっかけ。二度目,松鳳山またも右から張り差し,勢が止まらず攻めたが,松鳳山が土俵際でとったり。

 

阿炎が立ち合い諸手突き,輝がいなして崩し,輝の押し出し。

互いに右四つ,貴ノ岩が先に寄っていったが朝乃山こらえ,右を巻き替えようとして意識をそらし,左からの上手投げ。朝乃山が上手い相撲をとった。

嘉風が中に入って右からのすくい投げで崩し,千代大龍を寄り切り。

もろ差し対決。正代が差し勝ってもろ差し,その割に苦労したが最後は左からの下手投げ。

錦木左下手をとったが逸ノ城右上手,錦木攻めきれず逸ノ城の寄り切り。

御嶽海が先に攻めたが,栃煌山がいなすと脆くも崩れ,栃煌山の突き落とし。御嶽海がひどい出発。

玉鷲が一気の出足,栃ノ心を押し出し。栃ノ心が踏ん張れていない。

高安会心の立ち合いで左四つ,妙義龍を寄り切り。

北勝富士一度つっかけ。二度目,離れて取る展開,豪栄道が右の喉輪で攻めて押し出し。

稀勢の里貴景勝が離れて取る展開で長い相撲になったが,貴景勝がタイミングよく鋭く左から突き落とし。決まり手ははたき込みがとられた。稀勢の里が黒星発進。

 

大相撲秋場所千秋楽

三賞は全て該当なし。平幕二桁が14日目時点で嘉風しかおらず,優勝の白鵬も全勝であるため,妥当と思われる。しいて言えば竜電に技能賞をあげてもよかったかも。三賞受賞者がいないのは三賞創設以来71年で初とのこと。


千代丸左足の骨折で休場,安美錦不戦勝。
貴ノ岩隠岐の海を右上手出し投げ。切れ味良い出し投げだった。貴ノ岩はこれで二桁にのった。
碧山と琴勇輝が突き合い,碧山がいなして崩し,碧山のはたき込み。
竜電が左四つで大翔丸を寄り切り。
嘉風が中に入って北勝富士を寄り切り。
錦木と琴奨菊互いに左四つ,琴奨菊が右から絞って攻めたが錦木痛そうにこらえ,耐えきった錦木が寄り切った。琴奨菊は千秋楽に負け越し。
宝富士が佐田の海を突き出し。
立ち合い一度合わず。二度目は栃煌山がすぱっともろ差し,千代翔馬が足をかけて抵抗したが,栃煌山の右下手捻り。栃煌山勝ち越し。
松鳳山が張り差し,隆の勝が応戦したが,松鳳山がいなして崩し,松鳳山の突き出し。
阿武咲一度つっかけ。二度目,石浦が潜ったが阿武咲気にせず押していき,石浦の上体が浮き上がってしまい阿武咲の押し出し。
7−7対決。大栄翔が中に入って押し切り,輝を押し出し。大栄翔勝ち越し,輝負け越し。


豊山が土俵際で回転して残し,千代の国をはたき込み。
魁聖が左四つ,正代を寄り切り。魁聖勝ち越し。
千代大龍左に変わり気味に立ったが勢ついていき,千代大龍左下手で頭をつけて勢右から抱え,勢有利に見えたが引いて呼び込み,千代大龍の押し出し。
朝乃山と貴景勝が頭をつけあって膠着,朝乃山が先に仕掛けて均衡を崩し,思い切って押していったが押しきれず,引いて呼び込んでしまい貴景勝の押し出し。朝乃山はもったいない負け越し。
両者立てず立ち合い一度不成立。二度目,玉鷲が一方的に突いて遠藤を突き出し。
逸ノ城が妙義龍を引き落とし。逸ノ城勝ち越し。
阿炎が攻め込んで御嶽海がかなり慌てたが,御嶽海が引ききってはたき込み。
これより三役。栃ノ心立ち合い強く当たって右から強烈なおっつけ,これで崩して高安を送り出し。栃ノ心会心の相撲で復帰の場所を終えた。
豪栄道が立ち合い強く下から押し上げ右からおっつけ,稀勢の里を右からの突き落とし。豪栄道会心の相撲。豪栄道が右でつかんでいたのは下がりに見えたが,突き落としになるか下手投げになるかは判断がつかない。
白鵬鶴竜右四つがっぷりで引きつけ合い,千秋楽結びの一番にふさわしい力と技のぶつけ合いとなる熱戦となり,鶴竜が打開せんと白鵬の右下手を切りにかかると白鵬左からの出し投げで応じ,おそらくそのまま鶴竜の右腕が極まったと思われ,鶴竜が激痛に耐えかねて腕を抜いて裏を向き,そのまま白鵬が送り出した。鶴竜の右腕はすぐに抜いたかいがあってケガにはならなかった模様。白鵬が全勝優勝を決めた。

大相撲秋場所十四日目

琴勇輝が荒鷲を突き出し。荒鷲十両筆頭で7−7。
隠岐の海左四つ,千代翔馬を右上手投げ。隠岐の海勝ち越し。
佐田の海が右上手で思い切り振り回し,竜電を上手投げ。決まり手は寄り切りがとられた。佐田の海勝ち越し。
大栄翔が頭からつっこんだが,隆の勝が冷静に受け止めて右から突き落とし。決まり手は押し倒しがとられたが,突き倒しが正しいと思われる。隆の勝勝ち越し。大栄翔7−7。
北勝富士一度つっかけ。二度目,北勝富士が一方的に押して,貴ノ岩を押し倒し。
石浦が張り差しからもろ差し,大翔丸を寄り切り。
碧山が右に変化し,あまりうまくない変化だったが宝富士をはたき込み。宝富士負け越し。
松鳳山が攻めていったが,錦木が右からの小手投げ。松鳳山負け越し。
栃煌山が攻めて千代丸がはたきこんだが,栃煌山残って向き直りもろ差し,栃煌山が左からの突き落とし。栃煌山7−7。千代丸負け越し。
琴奨菊が一気の出足,輝を押し出し。琴奨菊7−7。輝も7−7。
朝乃山が低く当たって押そうとしたが,嘉風の突き落とし。朝乃山7−7。


遠藤が豊山を突き出し。
勢が阿武咲をはたき込み。
千代大龍もろ差し,魁聖が外四つで寄り切り。千代大龍は突き放していきたかった。魁聖7−7。
千代の国が一方的に押して玉鷲を突き出し。
貴景勝が当たってすぐにはたき,妙義龍をはたき込み。貴景勝は小結で勝ち越し。
逸ノ城が正代をはたき込み。両者7−7。
阿炎が諸手突きから突こうとしたが,栃ノ心がかわしてもろ差しで捕え,左からの下手投げ。栃ノ心勝ち越しでカド番脱出。阿炎負け越し。
高安と御嶽海両者左四つ,御嶽海が右から絞って攻めたが高安こらえ,高安が寄っていくと御嶽海が土俵際でひらりとかわし,御嶽海が右から突き落とした。物言いがついたが,軍配通り。
稀勢の里左下手で鶴竜右上手で膠着,稀勢の里が思い切った下手投げで崩し,そのまま寄り切った。稀勢の里が復活を告げる10勝目。
白鵬一度つっかけ。二度目は白鵬が待った。三度目,両者右四つ,豪栄道が寄っていったが白鵬が振り回して左上手投げ。


白鵬が41回目の優勝と幕内通算1000勝を同時に達成。

大相撲秋場所十三日目

矢後が押していって左四つとなったが,千代丸が左すくい投げで逆転。
佐田の海が押していき,石浦が土俵際もろ差しになったが,佐田の海がそのまま外四つで寄り切り。
碧山が当たってすぐに隆の勝をはたき込み。
嘉風が張り差しも交えて攻め,大翔丸を押し出し。大翔丸負け越し。
北勝富士が押していったが錦木が懸命に左四つで組み止め,錦木が寄っていくと北勝富士うっちゃり,両者もつれて土俵を割った。軍配北勝富士で物言いがつき,VTRで見るとうっちゃる前に北勝富士のかかとが出ており,軍配差し違えで錦木の寄り切り。錦木勝ち越し。
琴奨菊が差し勝って左四つ,しかし竜電が先に攻めて寄り切った。この勝利は竜電の自信になるだろう。
千代翔馬が左喉輪で攻めて宝富士を右からの突き落とし。千代翔馬勝ち越し。
琴勇輝が突いていったが,栃煌山がいなしてはたき込み。琴勇輝負け越し。
松鳳山浅いもろ差し,隠岐の海が挟み付けて攻め,隠岐の海の押し出し。
輝が貴ノ岩を押し出し。
大栄翔と朝乃山が激しい押し合い,大栄翔が押し勝って押し出し。


阿武咲が押していったが遠藤がはたき,軍配阿武咲で物言い。VTRで見ると遠藤のかかとが明確に残っており,やはりやや長い協議の結果,軍配差し違えで遠藤のはたき込み。
千代の国が押していったが魁聖崩れず,魁聖が左上手で捕えて寄り切り。
勢が押していったが,豊山が引いて突き落とし。勢は組みに行くべきであった。
貴景勝一度つっかけ。二度目,貴景勝が頭から当たって電車道玉鷲を突き出し。
逸ノ城千代大龍を押し出し。
御嶽海が押し込んでもろ差し,妙義龍を寄り切り。
栃ノ心右四つになりかかるも正代が嫌がって懸命に振りほどき,栃ノ心が無理に寄ると正代が左からのすくい投げ。正代がうまく取った。
阿炎が先に攻めていったが,高安がこらえて押し返し,高安の突き出し。
白鵬が張り差しから左差し,さらに右も差し勝ってもろ差し,稀勢の里を寄り切り。圧倒的な強さで幕内通算999勝目。
鶴竜一度つっかけ。二度目,豪栄道が左からの張り差しで一気に崩し,鶴竜を押し出し。目のさめるような相撲であった。


白鵬全勝,豪栄道と高安が2敗。

大相撲秋場所十二日目

千代翔馬張り差しから左四つ,明生も組んでがっぷりに近くなったが,なぜか千代翔馬引いて呼び込んでしまい,明生の押し出し。明生は十両二枚目で勝ち越し。
琴勇輝が押していったが,錦木が回り込んで押し出し。
石浦思い切って左に変化したが碧山落ちず,石浦もろ差しで入るも碧山が抱えて寄って,碧山の押し出し。
竜電が攻めていったが,大栄翔がいなして突き落とし。
千代丸が押していって左四つ,大翔丸を寄り切り。
嘉風が中に入ってもろ差し,琴奨菊を寄り切り。嘉風勝ち越し。
貴ノ岩が引いて呼び込み,松鳳山の押し出し。
隆の勝と輝が押し合い,隆の勝押し勝ち,輝が右からの小手投げで崩そうとしたが,こらえて隆の勝の寄り切り。
隠岐の海が阿武咲を押し出し。
北勝富士一度つっかけ。二度目,北勝富士と妙義龍が押し合い,北勝富士が押し勝ったが,妙義龍が土俵際でかわして左から突き落とし。軍配北勝富士で物言いがつき,同体取り直し。三度目,またしても押し合いで同じような展開となったが,今度は妙義龍がきちんとかわして引き落とし。妙義龍勝ち越し。
朝乃山右四つで寄っていったが,佐田の海が見事に振って右下手投げ。


千代の国が押していったが,宝富士が土俵際で左から突き落とし。
栃煌山が一方的に攻めて豊山を押し出し。
1勝10敗対決。勢が押していって,土俵際で遠藤がかわして突き落としたが間に合わず,勢の押し出し。
千代大龍がMSPを決めて玉鷲を引き落とし。
貴景勝が一方的に攻めて正代を突き出し。
逸ノ城が右四つで寄ろうとし,魁聖がこらえると逸ノ城の左上手投げ。
豪栄道が立てず一度待った。二度目は豪栄道がつっかけ。三度目,豪栄道が立ち合いで押し込んでから引き,阿炎が前に出ると豪栄道がかわして引き落とし。
栃ノ心が左上手をとりかけたが,白鵬が立ち合い即引いて綺麗に右からすくい投げ。お見事。
高安が左上手,やや強引に見えたが思い切り振り回し,鶴竜を上手投げ。全く予想していない展開だった。
稀勢の里張り差し,御嶽海右上手いい位置を引いて稀勢の里の左を封じ,そのまま上手投げで仕留めようとしたが,稀勢の里が突き放して距離を取り,徐々に左をおっつけてこじ入れ,稀勢の里が形を作って寄り切った。御嶽海は6敗目で今場所の大関取りは完全終了。この後全部勝って9勝としないと,来場所の大関取りも消滅するだろう。


白鵬が全勝維持,鶴竜と高安が2敗という展開だが,白鵬がこのまま全勝優勝しそう。

大相撲秋場所十日目

石浦がうまく中に入って竜電を寄り倒し。
隠岐の海が左四つで捕え,千代丸を寄り切り。隠岐の海は千代丸が苦手だったが,今場所は普通に勝った。
嘉風がもろ差し,錦木を寄り切り。
隆の勝が低く押して佐田の海を押し出し。隆の勝が良い圧力だった。
琴勇輝が旭大星を突き倒し。旭大星は傷めた右膝が全く機能していない。
千代翔馬が大栄翔を引き落とし。
貴ノ岩左四つで寄っていき,栃煌山が左からすくい投げ,貴ノ岩が踏ん張って足をかけると,栃煌山の投げがすっぽ抜けて倒れた。決まり手は外掛け。貴ノ岩勝ち越し。
輝が押し込んで碧山を寄り切り。輝は7戦目で碧山に初勝利。碧山は負け越し。
阿武咲が当たってすぐ大翔丸をはたき込み。
妙義龍が差し勝って左差し,右も入れてもろ差し,琴奨菊を寄り切り。
朝乃山が左下手で組み止め,北勝富士をさっと下手出し投げ。


千代の国と松鳳山が押し合い,千代の国が押し勝って突き出し。
阿炎が突いて引いてと動いたが宝富士崩れず,宝富士の押し出し。
正代が押し込み,千代大龍が土俵際はたいたが,際どく正代の押し出し。物言いがつかなかったが,ついてもよかったように思う。千代大龍負け越し。
玉鷲が勢を突き落とし。
貴景勝が下から突き起こして豊山を突き出し。
栃ノ心魁聖が右四つがっぷり,栃ノ心が寄り切り。
高安が左四つ,豪栄道を下手投げ。決まり手は腕捻りがとられたのでよく見ると,確かに右はひねっていた。
稀勢の里が一度つっかけ。二度目は遠藤手付き不十分で不成立。三度目も稀勢の里張り差しも遠藤手付き不十分で不成立だったが,さすがに成立で良かったと思う。四度目,稀勢の里が張り差しから左四つで遠藤を寄り切り。あっさり終わってしまった。稀勢の里勝ち越し。
白鵬右四つ,逸ノ城がよく粘ったが白鵬の寄り切り。白鵬が10連勝。
鶴竜と御嶽海が互いに右四つ,御嶽海が先に寄ったが寄りきれず,鶴竜が寄り返して寄り切り。御嶽海4敗に後退。鶴竜も10連勝。

大相撲秋場所十一日目

旭大星やはり右膝の負傷で今日から休場。


琴勇輝が諸手突きから猛烈に押して,竜電を押し出し。
錦木が左四つ,石浦を寄り切り。石浦は負け越し。
隆の勝が右四つで隠岐の海を寄り切り。最後はまわしが切れていたか,決まり手は押し出しがとられた。
旭大星休場で千代丸不戦勝。
佐田の海が押していったが上体が伸び,千代翔馬が左からの首投げ気味のすくい投げ。
大栄翔と嘉風が押し合い,大栄翔が押し勝って押し出し。
貴ノ岩左四つでいい形,琴奨菊がぶれず,右からの小手投げで崩そうとしたが,貴ノ岩が腕を引っこ抜いて琴奨菊が倒れた。決まり手は左下手投げ。
松鳳山北勝富士が激しい押し合い,松鳳山が引いていなそうとするが北勝富士がついていき,北勝富士の押し出し。北勝富士勝ち越し。
碧山が右四つで阿武咲を寄り切り。阿武咲負け越し。
翔丸が当たってすぐに朝乃山を突き落とし。
妙義龍が差し勝って浅いもろ差し,宝富士を押し出し。


両者立ち合い強く当たり,押し合いから栃煌山が押し勝って千代の国を渡し込み。千代の国負け越し。
輝と遠藤が押して引いての攻防,輝が遠藤を押し出し。
阿炎が一度つっかけ。二度目,阿炎が思い切って押していったが,千代大龍が綺麗に引いて引き落とし。
貴景勝がいなして崩し,勢を押し出し。
玉鷲豊山を押し出し。
御嶽海が左に変わり気味に立ったが上手を取れず,むしろ魁聖が左上手早く,御嶽海を寄り切り。御嶽海5敗目で絶望的な情勢。
豪栄道が立ち合い強く当たって左四つ,正代を寄り切り。
鶴竜中に入って深いもろ差し,しかし栃ノ心も外四ついい位置を引いてつり,そのまま寄っていって寄り切った。栃ノ心が良い相撲でカド番脱出に大きな7勝目。鶴竜は1敗に後退。
逸ノ城が一方的に押して稀勢の里を押し出し。
高安一度つっかけ。二度目は白鵬が嫌って立ち合い合わず。三度目,高安が中途半端な立ち合いになり,白鵬張り差しで高安が倒れ,白鵬がそのまま押し倒した。


白鵬が全勝維持,鶴竜が1敗でこの2人に絞られたか。

大相撲秋場所九日目

錦木が一方的に押して千代丸を押し出し。
嘉風潜って中に入ろうとしたが入れず,隠岐の海が押しつぶすようにして右からの小手投げ。
貴ノ岩が旭大星を押し出し。旭大星は休場からの再出場であったが,膝の状態が悪すぎる。
佐田の海が琴勇輝を押し出し。琴勇輝の突きに威力がない。
石浦当たってすぐに離れ,潜ろうとしたが潜れず大栄翔のはたき込み。
離れて取る展開,千代翔馬が引いて碧山を肩透かし。
隆の勝と大翔丸が押し合い,大翔丸がはたき込み。
組みたい竜電と突き放す松鳳山,結局組めなかったが竜電が右からの小手投げ。竜電勝ち越し。
阿武咲が突いていったが,宝富士が捕えて寄り切り。
輝が北勝富士を捕え,左からの小手投げ。北勝富士は離れて取りたかった。
琴奨菊が右四つでがぶり寄り,朝乃山を寄り切り。この負け方をしているようでは,朝乃山はまだまだ。


阿炎が終始攻めて栃煌山を押し出し。阿炎が良い相撲。
妙義龍が中に入ってもろ差し,これで寄っていったが正代が土俵際で右からの小手投げ。正代が身体の柔らかさを発揮。
豊山千代大龍の押し合い,豊山が押し勝って突き出し。休場から復帰してきたかいがあった。
魁聖玉鷲の押しを受け止めてはたき込み。玉鷲負け越し。
逸ノ城が勢の出足を止めて,左からの豪快な上手投げ。勢負け越し。
千代の国が動き回ってややもつれる展開となったが,高安が千代の国を押し出し。高安勝ち越し。
貴景勝が懸命に突いたが豪栄道がこらえ,豪栄道貴景勝を押し出し。豪栄道勝ち越し。
御嶽海左上手で白鵬右下手,御嶽海がやや横につく形を作り白鵬の上体を浮かせたがここで膠着,御嶽海が有利な体勢ながら下手投げを警戒して攻め手を欠き,白鵬が右足で外掛けをうつと御嶽海があわせて寄っていったがこれが罠,白鵬思い切り右から振って体勢を一気に入れ替え,白鵬が寄り切った。白鵬が全勝を維持。御嶽海は勝機を逃して3敗に後退。
鶴竜と遠藤の押し合い,鶴竜いなして崩し遠藤を押し出し。遠藤負け越し。鶴竜も全勝を維持。
稀勢の里差し勝って左四つ,栃ノ心懸命に下手投げでもがくも,稀勢の里が制して寄り切った。栃ノ心は非常に手痛い敗戦。稀勢の里は復調が見えた勝利であった。

大相撲秋場所中日

豊山休場から再出場で,いきなり白鵬と対戦。


立ち合い一度合わず。二度目,安美錦変化するも琴勇輝ついていき,安美錦が琴勇輝の顔をつかんで引いて徳利投げ。物言いがついて髷をつかんだかどうかの協議があったが,軍配通り。
貴ノ岩が隆の勝を押し出し。
石浦が中に入って押し込み,引いて隠岐の海をはたき込み。石浦隠岐の海戦初勝利。
嘉風一度つっかけ。二度目は嘉風が立てず。三度目,嘉風が一気の出足で佐田の海を押し出し。三回使っただけのことはある。
碧山が突いて崩し,錦木粘ってたぐったが碧山もろ差し,最後は左下手投げ。
大栄翔が一方的に攻めて千代丸を押し出し。
竜電が北勝富士の押しをかいくぐってもろ差し,そのまま寄り切った。
押し合いで見合うシーンもあったが,千代翔馬が左四つで大翔丸を寄り切り。
琴奨菊左四つ,がぶり寄りで阿武咲を寄り切り。
激しい押し合いから差し手争い,妙義龍が差し勝ってもろ差し,栃煌山を押し出し。
朝乃山が差し勝って右四つ,宝富士を寄り切り。朝乃山が今日も良い相撲であった。


輝が右四つ,千代の国を寄り倒し。
松鳳山が突いて崩し,阿炎を押し出し。阿炎は立ち合いに失敗。
千代大龍が遠藤を押し出し。遠藤に元気がない。
貴景勝が流れの中で上手く魁聖を左から突き落とし。
勢が調子よく突いて,御嶽海を押し出し。勢は今場所初白星で,御嶽海は2敗に後退。
豪栄道立ち合い当たり勝って右四つ,栃ノ心を寄り切り。栃ノ心3敗目で苦しくなってきた。
高安が立ち合いから押していったが少し引き,そこで正代が左下手で捕え,右から絞って崩し,さっと引いて正代の引き落とし。正代が非常に上手く取った。高安1敗。
鶴竜右四つ,逸ノ城を寄り切り。問題にせず。鶴竜ストレートで勝ち越し。
稀勢の里がつっかけて一度不成立。二度目,玉鷲が立ち合い頭から突っ込んで一気の出足,稀勢の里を押し出し。玉鷲は今場所初白星,稀勢の里は2敗目。
白鵬左の張り差しからさっと左上手,そのまま豊山を上手投げ。白鵬は強い相撲で横綱通算800勝。


波乱の多い一日であった。

大相撲秋場所七日目

大坂なおみさんが観戦。


いなしあいになったが,隆の勝が崩れず嘉風を突き落とし。
石浦一度待った。二度目,石浦左に変化したが読まれており,貴ノ岩がついていって押し出し。
竜電が左四つ,じりじりと崩して千代翔馬を寄り切り。竜電好調。
琴勇輝が隠岐の海を突き落とし。
千代丸が碧山を突き落とし。碧山が脆すぎる。
錦木が攻めたが,大翔丸がかわして引き落とし。錦木は合口が悪すぎた。
北勝富士が押し込むが佐田の海左上手,しかし北勝富士右下手をとって寄っていき,佐田の海上手投げから引いたがものともせず北勝富士の寄り切り。北勝富士好調でストレートの給金直しにリーチ。
琴奨菊が左四つ,すくい投げをうちつつ寄って大栄翔が寄り倒し。
輝が中に入って押していったが,宝富士が土俵際で左上手をとり,ややもつれたが宝富士の上手投げが決まった。
栃煌山もろ差し,朝乃山両側から抱えたが極めきれず,朝乃山巻き変えようとしたところで栃煌山が左から突き落とし。


妙義龍と松鳳山が張り手も交えてさばき合い,松鳳山が左からの小手投げで崩し,妙義龍を寄り倒し。
阿武咲が先に押し込んだが,阿炎が土俵際でかわしてはたき込み。
魁聖が右四つ,左上手で強烈に引きつけて勢を寄り切り。
御嶽海と貴景勝が激しい押し合い,貴景勝が張り手も出して猛攻,土俵際まで追い込むが,御嶽海がかわして突き落とし。御嶽海が意地で残した。
逸ノ城一度つっかけ。二度目,栃ノ心右四つ早く,逸ノ城を寄り切り。
高安が玉鷲をはたき込み。
呼吸が一度合わず。二度目は千代大龍がつっかけ。三度目,豪栄道張り差しで千代大龍の立ち合いをとめ,豪栄道の押し出し。
稀勢の里が押して千代の国がいなす攻防が続き,千代の国右上手で稀勢の里左下手でやや膠着,千代の国が何度も思い切った右上手投げ,稀勢の里が上手投げで応じると千代の国の左足が大きく土俵を割り,その後に稀勢の里がぶん投げられた。今日も心臓に悪い相撲で稀勢の里が勝ちを拾った。
遠藤が立ち合いの後に腰が砕け,白鵬の押し倒し。決まり手は腰砕けがとられたが,押し倒しで良かったと思う。
鶴竜が終始攻勢,張り手も交えて正代を押し出し。

大相撲秋場所六日目

石浦引いてたぐるも,隆の勝が倒れず寄り切り。
竜電が強烈な立ち合い,嘉風が突っ込んでくるとはたき込み。
琴勇輝が押していったが,貴ノ岩のはたき込み。
千代翔馬思い切って変化したが,錦木がついていって押し出し。錦木がよく見ていた。
千代丸がいなして崩し,佐田の海を突き出し。
隠岐の海が立ち合い強く当たり,大翔丸を突き出し。隠岐の海としては珍しい展開。
大栄翔が低く押していったが,宝富士がこらえて左からの小手投げ。
碧山が突ききって,琴奨菊を突き出し。碧山はやっと初日が出た。
北勝富士一度つっかけ。二度目,栃煌山が中に入りたがったが北勝富士が押し返し,栃煌山の足がもつれて北勝富士のはたき込み。
松鳳山が中に入りかかったが,朝乃山が即座に対応して両側を極めて極め出し。朝乃山が良い相撲を取った。


千代の国が仕切り線のかなり後ろから立って一気の出足,阿武咲を押し出し。
阿炎が機敏に右上手を取り,輝を豪快な上手投げ。阿炎らしい素早い動き。
妙義龍が右の張り差しから右四つで一気の出足,遠藤を寄り切り。
貴景勝が懸命に押して逸ノ城を押し出し。
高安がいつもの立ち合いから左四つ,魁聖を寄り切り。
館内が御嶽海応援団ですごい盛り上がり。豪栄道が立ち合い当たり勝って外四つながら前まわしの良い位置,御嶽海もろ差しながら窮屈で動けず,豪栄道が一気に寄り切った。御嶽海が手痛い1敗。
勢がつっこんでいったが,栃ノ心がいなして右からの突き落とし。
白鵬が外四つで寄っていくと正代もろ差しで右から振ってうっちゃり,両者もろとも土俵を割り,軍配正代で物言い。正代の左のかかとが先に出ているように見え,やはり協議の結果軍配差し違えで白鵬の寄り倒し。白鵬は薄氷の勝利。
鶴竜が回転よく突いて,玉鷲を突き出し。
千代大龍がいなして崩し,もろくも稀勢の里が崩れて千代大龍の送り出し気味の押し出し。千代大龍は金星。


稀勢の里と御嶽海が敗れて1敗に後退。