大相撲十一月場所千秋楽

三賞は敢闘賞が志摩の海と,今日勝てばの条件で千代の国。殊勲賞は該当なし。技能賞は照ノ富士

 

逸ノ城千代翔馬が押し合い,逸ノ城が右四つで捕らえたが千代翔馬が巻き替えてもろ差し,逸ノ城が外四つになって膠着。両者の息が切れている。千代翔馬が攻めようとしてもがくも,逸ノ城が左上手投げ。千代翔馬は組まれる前に決着をつけたかった。逸ノ城勝ち越し。

佐田の海が一気の出足,石浦を寄り切り。

志摩の海が低く攻めていったが,明生がいなして体を入れ替え,明生の押し出し。

千代の国手付き不十分で行司が一度止めた。二度目,千代の国が当たってすぐに琴恵光を左から小手投げ。千代の国は10勝目で敢闘賞獲得。

空海が一度つっかけ。二度目,徳勝龍が左差し,天空海がとっさの首投げにいって徳勝龍が左すくい投げで合わせ,両者ほぼ同時に落ちて軍配天空海。物言いがついたが,VTRで見ると徳勝龍の右腕が先に土がついていて,軍配通り。

照強が左に変化して左上手,これで寄っていって魁聖を押し出し。

今日は碧山が一気の出足で突き続け,千代大龍を押し出し。

7-7対決。豊昇龍が低く攻めたが低すぎ,遠藤のはたき込み。豊昇龍負け越し,遠藤勝ち越し。

両者が押してさばきあう相撲から炎鵬がさっと中に入ってもろ差し,翔猿が左上手をとってもがいたが,炎鵬がまわしを切って寄り切った。

竜電が一度つっかけ。今日はあまり腰を振っていない。二度目,北勝富士が左四つながら良い形,竜電を寄り切り。

 

豊山手付き不十分で一度行司が止めた。二度目,輝がはず押しで攻め続けたが,豊山が突き返してからかわし,豊山の押し出し。輝はよく攻めていたが惜しい。

大栄翔が押しに押していったが,土俵際で琴勝峰がかわして突き落とし,軍配大栄翔で物言いがつき,同体取り直し。二度目,今度は琴勝峰が一気の出足で低く攻め込み,大栄翔が右からの首投げ,両者同時に飛んでいって軍配大栄翔,またしても物言い。協議の結果は軍配通りで,大栄翔の首投げ。

両者頭で当たって阿武咲が左からたぐって崩し,妙義龍を押し出し。

若隆景がたぐったりもろ差しで入ろうとしたりと攻めかかり,琴ノ若が受け止めて一度膠着したが,若隆景が左からおっつけると琴ノ若が引いて呼び込み,若隆景の寄り切り。まわしがとれていなかったので押し出しに見えたが。琴ノ若負け越し。

隠岐の海が左四つ早く,霧馬山を右上手投げ。

高安が左差し早く,玉鷲を寄り切り。高安勝ち越し。

これより三役。栃ノ心が立ち合いかち上げ,隆の勝がそれでも押そうとしたが,栃ノ心がはたき込み。

宝富士がややふわっとした立ち合い,御嶽海が右からの突き落とし。宝富士は変化しようとして失敗したか。

照ノ富士がまわしをうかがって攻めると貴景勝が押し返し,貴景勝がいなすと照ノ富士が崩れたが,照ノ富士が残って向き直って押し返すと,両者の間に間合いができて照ノ富士が攻めかかり,ここで照ノ富士が左の張り差しから右四つで捕らえて浴びせ倒した。照ノ富士が勝ったため2敗で並び,優勝決定戦へ。

 

優勝決定戦。貴景勝が一気の出足,照ノ富士はさすがに膝が持たず,そのまま貴景勝が押し出した。貴景勝が二度目の優勝を決めた。

大関の優勝は2017年初場所稀勢の里以来,22場所ぶり。関脇以下の優勝が多かった。今年の本場所は5場所とも違う力士による優勝となった(徳勝龍,白鵬照ノ富士,正代,貴景勝)。1991年以来29年ぶりの出来事(霧島,北勝海旭富士,琴富士,琴錦小錦)。

大相撲十一月場所十四日目

千代翔馬が突き放し,石浦が潜っていったが低すぎて千代翔馬のはたき込み。千代翔馬勝ち越し。

豊山が一気の出足,佐田の海を突き出し。

千代大龍が一気の出足,明生を突き出し。

徳勝龍が左四つ,お腹に乗せて琴ノ若を寄り切り。徳勝龍勝ち越し。琴ノ若7-7。

空海が一度つっかけ。二度目は行司が止めたが,理由がよくわからない。三度目,天空海が当たってすぐに引き,琴恵光をはたき込み。琴恵光負け越し,天空海勝ち越し。

逸ノ城が左に変化して碧山をはたき込み。逸ノ城7-7。

炎鵬が左下手で照強が右上手,照強が出し投げ気味に攻めて右腕で炎鵬の足をすくって外小股。珍しい決まり手が出た。

栃ノ心魁聖が右四つがっぷり,栃ノ心が力を見せて寄り切り。魁聖負け越し,栃ノ心勝ち越し。

千代の国一度つっかけ。二度目・三度目は千代の国が手付き不十分,確かにさすがにどう見ても空中だった。四度目,玉鷲が一気の出足で千代の国を押し出し。千代の国は立ち合いを何度も止められて集中力が乱された感じ。玉鷲勝ち越し。

豊昇龍が先に低く攻めたが,妙義龍が後ろに回り込んで送り出し。豊昇龍7-7。

 

遠藤が前まわしをとって攻め込み,輝が反撃すると遠藤が輝の左腕をたぐって崩し,遠藤の押し出し。遠藤7-7。

北勝富士と阿武咲の押し合い,北勝富士のはたき込み。阿武咲負け越し。

大栄翔が一気の出足で竜電を押し出し。竜電はリズムを取る前に立ち合い成立になってしまい,力が出しづらかった様子。

霧馬山が攻め込んだが,翔猿がはたき込み。

若隆景が右からおっつけて低く攻め,じりじりと中に入り,隠岐の海を寄り切り。

照ノ富士が右下手,攻めながら左上手をとって志摩の海を寄り切り。照ノ富士は非常に価値が大きい12勝目。

琴勝峰と高安が押し合い,高安の足が流れて琴勝峰の押し倒し。琴勝峰勝ち越し。高安7-7。

隆の勝が下から押し上げ,宝富士を押し出し。隆の勝勝ち越し。

貴景勝が一方的に攻めて御嶽海を押し出し。御嶽海負け越し。

 

貴景勝1敗,照ノ富士2敗に優勝争いが絞られた。千秋楽は直接対決になるので,本割で勝てば貴景勝照ノ富士が勝てば決定戦である。

大相撲十一月場所十三日目

千代丸が天空海を突き出し。千代丸は十両4で勝ち越しだが,再入幕のためには10ー5まで星を伸ばしておきたい。

千代の国と豊山が押し合い,千代の国がいなして崩して押し出し。

千代翔馬が左の喉輪で攻めて炎鵬を押し倒し。

立ち合い合っていたように見えたが行司が一度止めた。手付きも十分だったように見えたが。二度目はふわっとした立ち合いだったが成立と見なされ,佐田の海がもろ差しで魁聖を寄り切り。魁聖はちょっとかわいそう。

明生が一方的に押して琴ノ若を押し出し。

逸ノ城が張り差し,琴恵光が低く潜って中に入ろうとしたが,逸ノ城が左上手を取ってすぐさま左上手出し投げ。琴恵光は今日が誕生日だった。

豊昇龍が攻めていったが,碧山が上手く引いてはたき込み。

遠藤が一度待った。二度目,千代大龍が思い切り右に変化し,遠藤をはたき込み。

北勝富士が自分から左四つとなり,徳勝龍も左四つとなったが,北勝富士が右上手投げで崩して攻め続け,北勝富士の寄り切り。

栃ノ心隠岐の海が互いに左下手,隠岐の海巻き替えてもろ差しになろうとしたが,かえって栃ノ心左上手で力が出る体勢,栃ノ心が寄り切った。隠岐の海の巻き替えが意味不明だった。

 

玉鷲が一気の出足,輝を押し出し。輝負け越し。

大栄翔が喉輪で攻めて押していったが,宝富士が左を差して捕らえ,宝富士が寄り切った。

琴勝峰手付き不十分で行司が一度止めた。双方良い立ち合いだったのでもったいない。二度目も琴勝峰が手付き不十分。三度目,琴勝峰と阿武咲が押し合い,琴勝峰が引いて呼び込み,阿武咲を押し出し。

若隆景が当たって左上手,妙義龍も右下手をとり,妙義龍が寄っていったが若隆景が体を入れ替えて豪快な左突き落とし。

照強が頭をつけて押そうとしたが押せず,霧馬山が左下手をとったがこちらも寄れずにやや膠着,霧馬山が一度離れて頭をつけ,右下手をこじ入れて右四つ,これでやっと寄り切った。不調同士の対決で,どちらも攻撃力に欠いた一番。

翔猿が押してから真後ろに跳び,作った間合いを今度は一気に詰めて右下手で頭をつけ,高安がその右を極める形,翔猿が攻めあぐねて自分から下手を切り再び間合いを作ると,翔猿が右足を飛ばして高安の左を蹴飛ばし,見事な蹴返し。これは翔猿が会心の相撲をとった。

照ノ富士が先に外四つで竜電左下手,照ノ富士が吊ろうとしたが竜電がややユルフンでできなと見るや自分からまわしを切り,左上手を取り直すと豪快な上手投げで崩し,そのまま竜電を押し出した。照ノ富士が上半身の筋肉と技量だけでとったような相撲。

関脇対決。隆の勝が立ち合い当たり勝ってもろ差し,御嶽海を寄り倒し。隆の勝はよく当たり勝った。

幕内最高位と幕尻の対決。両者頭で当たって貴景勝が突いて押して攻めに攻めたが志摩の海も下がらず懸命に耐え,貴景勝がいなしてはたき込み。貴景勝はこのいなしが上手い。志摩の海も善戦したが,貴景勝の貫禄勝ちであった。

 

貴景勝1敗,照ノ富士と志摩の海の2敗という形勢になった。ここ2日は熱戦が多くて良い。

大相撲十一月場所十二日目

昨日書きそびれていたが,臥牙丸が引退を発表した。

 

琴ノ若が左上手をとって攻め,千代ノ皇を上手出し投げ。琴ノ若は今日が誕生日だった。

炎鵬が中に入ろうとしたが,逸ノ城が突き放して押し出し。

竜電が左を差そうと低く攻めたが,志摩の海がおっつけてこらえ,自らが左下手をとるとさっと左下手出し投げ。志摩の海の相撲が上手かった。

明生一度つっかけ。二度目は千代翔馬が右に変化して明生がついていったが,千代翔馬の手付き不十分として行司が止めた。場内がざわついている。三度目,両者頭から当たって明生が押し勝ち,明生の押し出し。千代翔馬は二度目の立ち合いで決着をつけたかった。

徳勝龍と千代大龍が互いに左四つ,千代大龍の方が体勢が良かったが,徳勝龍が先に攻めて寄り切った。千代大龍は立ち合いで押し込めなかったのが敗因。

魁聖が一気の出足,琴恵光を押し出し。

豊山と碧山の押し合い,碧山が引いて呼び込み,豊山の押し出し。碧山負け越し。

両者強く当たって豊昇龍が押し込み,両側から抱えて照強を浴びせ倒し。

空海が一気の出足,遠藤が組み止めかけたが,天空海が右からの突き落とし。

妙義龍が一気の出足で攻め込んだが千代の国が左で突き返して土俵中央に戻し,千代の国のはたき込み。千代の国勝ち越し。

 

北勝富士栃ノ心が互いに右下手で上手はとれず,栃ノ心があきらめて巻き替えてもろ差し,そこを北勝富士が寄っていき,栃ノ心がユルフンだったが上手く栃ノ心の差し手を封じて寄り切った。北勝富士が連日の熱戦である。北勝富士勝ち越し。

隠岐の海が攻め込んだが,琴勝峰が右にかわしてはたき込み。

輝が当たり勝って阿武咲を押し出し。

両者頭で当たって佐田の海が右上手で霧馬山が左下手,投げの打ち合いとなり,そのまま霧馬山が寄り切った。

若隆景が差し勝ってもろ差し,翔猿を寄り倒し。翔猿負け越し。

高安が押し続け,大栄翔が逃げ回ったが,高安の突き落とし。

照ノ富士が一気の出足で左下手を取り,もろ差しをうかがいながら御嶽海を寄り切り。照ノ富士が10勝目,大関取りの起点が成立した。

隆の勝が一気の出足でもろ差し,玉鷲を寄り切り。

貴景勝が一気の出足で宝富士を押し出し。

 

貴景勝と志摩の海が1敗,照ノ富士が2敗,竜電が3敗という状況で,優勝争いはこの4人に絞られた。十三日目に1敗同士が直接対決する。

貴景勝は昨日までに年間48勝で年間最多勝が確定していたが,これで49勝,単独1位となった。貴景勝は今場所優勝できなければ,稀勢の里以来2人目の優勝なしの年間最多勝になってしまうが,照ノ富士に負けなければ今場所優勝の可能性は高い。

なお,稀勢の里は2016年に優勝なし年間最多勝を取った際はそれが優勝1回相当と見なされ,さらに2017年初場所に14勝で優勝したため,合わせて連続優勝相当と見なされて横綱昇進となった。しかし,稀勢の里の2016年は90戦69勝で場所平均11.5勝と水準が高く,しかもほぼ年間を通じて綱取り場所と期待をかけられ,実際に優勝争いにも毎場所顔を出しており,九州場所の場所前に「年間最多勝は綱取り起点」と明言もされていた。それに対して今回の貴景勝の年間最多勝は今場所残り全て勝っても75戦52勝で場所平均10.4勝とやや物足りず,負け越しと途中休場を含み,綱取りの明言もされていない。貴景勝はやはり優勝しなければ綱取り起点にはならないだろう。

もののついでに調べてしまったのでメモ代わりに書いておくが,貴景勝の49-52勝はやはり年間最多勝の絶対値としては過去最低の記録。しかし,2020年は年5場所だったというハンデがあり,場所平均にならすと9.8~10.4勝になり,また年6場所に敷衍すると59~62勝くらいの成績ということになる。これで比較すると1991年の霧島(62勝),1992年の貴花田(60勝),2017年の白鵬(56勝),2018年の栃ノ心(59勝),そして2019年の朝乃山(55勝)といった事例が挙げられ,今回の貴景勝の年間最多勝の価値は決して極端に低いとは言えない。

 

大相撲十一月場所十一日目

千代大龍が一気の出足,石浦を突き出し。

志摩の海と豊昇龍が押し合い,志摩の海が左から強烈におっつけて崩し,そのまま志摩の海が押し倒し。この左のおっつけを極めれば稀勢の里になれるのだが。志摩の海が10勝目。

空海が右に変わり気味に立って右上手,巻き替えて右差し,さらに左も差してもろ差し,魁聖を寄り切り。魁聖はいいようにやられた。

豊山が押そうとしたが逸ノ城が右から極めて捕らえ,そのまま寄って最後は押し出し。豊山負け越し。

炎鵬が中に入りかけたが,佐田の海が外四つで寄り切り。

明生が左に変化して,千代の国をはたき込み。これは全く読めなかった。

徳勝龍一度つっかけ。二度目,千代翔馬張り差しからもろ差しをねらったが,徳勝龍が千代翔馬の右腕をつかんで豪快なとったり。

照強が低く攻めて中に入り,琴ノ若のはたきに負けず押し出し。

碧山が当たってすぐに琴恵光をはたき込み。

宝富士が左四つで竜電を捕らえそのまま寄り切るかと思いきや,竜電がこらえて宝富士の上手を切って土俵中央に戻し,今度は竜電が左四つで半身の体勢となったが,宝富士がユルフンで力が出ない。竜電がこのまま寄り切れないと見て右上手出し投げで崩し,裏を向かせて贈り倒し。宝富士は昨日の疲労が残っていたか。

 

遠藤が左下手右おっつけで北勝富士を捕らえて膠着,北勝富士が思い切って引くと遠藤もついていこうとしたが,北勝富士が動き勝って突き落とし。

大栄翔が一気の出足で玉鷲を突き出し。大栄翔勝ち越し。

阿武咲が懸命に押し,隠岐の海は引いて逃げ回ったが,阿武咲が中に入っての寄り切り。

若隆景と輝が押し合い,若隆景が少し離れてから低くぶちかまして押し出し。

栃ノ心が右四つがっぷり,霧馬山をつって寄り切り。

妙義龍が中に入りかけたが照ノ富士が両側から完全に極めて極め出し。

翔猿が上手く引いて隆の勝をはたき込み。

高安が御嶽海を押し出し。御嶽海は今場所も心が切れてそう。

両者立ち合い頭で当たって押し合い,貴景勝が上手く引いて琴勝峰を突き落とし。

 

貴景勝と志摩の海が1敗,照ノ富士と竜電が2敗。

大相撲十一月場所十日目

千代翔馬が翠富士をはたき込み。十両は3敗が首位という混沌とした状況。

志摩の海が低く攻めて千代の国を押し出し。志摩の海1敗維持。

琴ノ若がもろ差し,天空海を寄り倒し。

豊昇龍が右四つ,佐田の海を豪快な左上手投げ。佐田の海負け越し。

両者当たらず立つ立ち合い,立っても両者見合っていたが,炎鵬がさっと中に入って千代大龍を左突き落とし。

明生が左四つ,激しく攻め立てて回り込もうとする徳勝龍を寄り切り。まわしが切れていたとして決まり手は押し出しがとられた。

ふわっとした立ち合いでお互い待ったと勘違いしたが成立,そのままふわふわした取組となり,魁聖が右四つで一応は寄り切った。

照強一度つっかけ。二度目,照強が右四つ深い下手で頭もつけ有利な姿勢になったが寄りきれず,豊山が肩越しの左上手で耐えると,照強が右下手捻りで崩して押し込もうとしたが,照強の足が流れて豊山のはたき込み。

逸ノ城がやや変わり気味に立って右四つを先に作り,栃ノ心の左上手を封じて寄り切った。照強負け越し。

遠藤が当たり勝って左下手,右をしぼって攻めたが,琴恵光が遠藤の左を極めて振り回し,最後は両腕でたぐってとったり。決まり手は小手投げがとられた。

 

竜電がはず押しで調子よく押し,玉鷲を押し出し。竜電勝ち越し。

北勝富士が左喉輪押しに押したが宝富士もこらえて左差し,北勝富士が宝富士の左をたぐっていなすも,宝富士横に回り込んで投げさせず土俵中央に戻り,再び両者押し合って宝富士が右四つ。組むには組んだが宝富士も逆の四つでやりづらく,北勝富士もスタミナ切れで膠着,宝富士が無理に寄ろうとしたがまわしが切れて三度押し合いとなり,北勝富士が右四つとなって寄ろうとしたが宝富士が左からの小手投げ,合わせて北勝富士が右下手投げで応じ,両者ほぼ同時に倒れて軍配は宝富士。物言いがついて,同体取り直しとなった。1分40秒超の大熱戦の後の二度目,序盤同じような展開でまたしても熱戦になる雰囲気もあったが,さすがに宝富士が力尽き,北勝富士が押し切っての押し出し。

大栄翔が一気の出足で隠岐の海を押し出し。

輝が右四つで霧馬山を捕らえて寄り切り。霧馬山は負けが込んで不調になってきた。

阿武咲が一度つっかけ。二度目,阿武咲が右四つとなり,押し相撲でない分やや苦戦していたが,攻め続けて若隆景を浴びせ倒し。若隆景負け越し。

翔猿がもろ差しとなったが深すぎてかえって捕まる体勢,照ノ富士が両側から抱えて豪快につり出し。翔猿がつられた後微動だにしなかったために,NHK解説の北の富士栃煌山の事例に言及しつつ「塩鮭」と評し,翔猿が二代目シャケを襲名することになった。

琴勝峰が当たってすぐにいなして御嶽海を送り出し。これだから御嶽海は……と言われてしまう相撲。

隆の勝が先に攻めて押し続け,高安を押し出し。

貴景勝が先に攻めて押し込み,妙義龍が左からの突き落とし。決まり手ははたき込みがとられた。

 

1敗に貴景勝と志摩の海という番付の頂点と幕尻,2敗に照ノ富士・宝富士・竜電。

大相撲十一月場所九日目

空海が先に左四つ,明瀬山も抵抗したが明瀬山の寄り切り。

琴ノ若が突き放そうとしたが,豊昇龍が先に形をつくって右四つ,琴ノ若も応じて右四つでやや膠着,琴ノ若巻き替えてもろ差しも窮屈な体勢,豊昇龍が外四つで寄ったが寄りきれず,豊昇龍が右上手投げにいくと琴ノ若が応じて左からのすくい投げ,投げの打ち合いは琴ノ若が投げ勝ち,豊昇龍は一回転した頭が土俵をこすっていた。

魁聖逸ノ城ががっぷりの右四つ,引きつけ合いが続いたが,魁聖が寄り切った。

豊山が先に攻めて押し込んだが,土俵際でいなしてかわし,志摩の海が逆転の送り出し。志摩の海が勝ち越し。

千代大龍が一気の出足で電車道佐田の海を突き出し。

千代の国が突いていなして組ませずに攻め続け,徳勝龍を突き出し。徳勝龍は鼻から大出血。

千代翔馬が右に思い切って変化し,照強を右上手投げ。

炎鵬が左に変化して碧山の足をとり,碧山を寄り切り。炎鵬がようやく初白星。

遠藤が一方的に突いて明生を突き倒し。

竜電が今日も小刻みに腰振りで立ち合い。竜電もろ差しで栃ノ心外四つ,竜電が次第に横につき,竜電が左からのすくい投げ。

 

玉鷲が一気の出足で電車道,琴恵光を押し出し。

宝富士と隠岐の海が互いに左差しで上手なくやや膠着,隠岐の海が絞って右上手をとるとすぐさま寄ったが,宝富士が土俵際で右からの突き落とし。これはよくあそこから右に動けた宝富士を褒めるべきだろう。宝富士勝ち越し。

北勝富士が立ち合いから一気の出足で攻めたが,輝がいなすと北勝富士一回転して後退,今度は輝が攻め込んだが北勝富士が右からおっつけてこらえ,土俵中央に戻って激しい押し合い,両者が消耗したところで輝が引いて呼び込み,北勝富士の押し出し。熱戦。北勝富士の我慢勝ち。

立ち合い両者頭で当たって大栄翔が当たり勝ち,そのまま若隆景を押し出し。圧力勝負なら大栄翔だろう。

阿武咲が一度つっかけ。二度目,阿武咲が当たり勝って霧馬山を押し出し。霧馬山負け越し。

照ノ富士が何度も右四つで組もうとするが,そのたびに高安が上手く引いて回り込んでをかわし続け,高安が左上手を先に取ると今度は出し投げを連発し,照ノ富士の膝が耐えきれなくなり,高安の左上手出し投げ。高安の戦術勝ち。

隆の勝と琴勝峰両者頭で当たり,隆の勝が当たり勝って攻め込んだが,琴勝峰がいなして突き落とし。

御嶽海二度つっかけ。三度目,妙義龍がすぱっと右四つとなり,そのまま寄り切った。今日の御嶽海は二度つっかけて調子を崩し,自滅した。

貴景勝が突き押しで攻めたが今日は押しきれず,翔猿が崩れないので二度三度いなしたが次第に貴景勝自身の足がそろっていき,翔猿がはたき込み。

 

上位陣総崩れで全勝が消滅した。

大相撲十一月場所中日

志摩の海が終始押し続け,千代丸が回り込みに回り込んで一回転もしてかわしたが,志摩の海が最後は中にはいってもろ差し,これで寄り切り。

豊昇龍がもろ差しとなったが差し手が深すぎ,逸ノ城が重くて前進できず。豊昇龍が投げを挟んで左を前まわしに持ち替え,逸ノ城を寄り切り。差し手は深く上手は浅くがセオリーだが,もろ差しは両方とも深ければいいというものでもないという好例。相手の動きを封じるなら差し手は深い方がいいが,腰を浮かせるなら少なくとも片方は浅い差し手である必要がある。相手の体格・自分の膂力,相手の動きの機敏さと要相談ということだ。

琴ノ若豊山の押し合い,琴ノ若がいなして送り出し。

千代翔馬が横について魁聖を送り出し。魁聖の動きが鈍い。

空海が一度つっかけ。二度目,天空海が当たってすぐに右上手,炎鵬を上手捻り。炎鵬はストレートで負け越し。天空海は4-4に戻した。

竜電が右四つで捕らえ,千代大龍がまわしを切ろうとする中で竜電が巻き替え,竜電がもろ差しとなって万全,千代大龍を寄り切った。竜電が良い相撲だった。腰を降り出してから調子良い。

碧山が回転よく突いて佐田の海を突き出し。

明生が攻め込んだが,栃ノ心が上から押しつぶしてはたき込み。

千代の国が押して引いてを繰り返して崩そうとしたが,引いたタイミングで遠藤がもろ差し,千代の国の引いた足が踏み間違えて土俵を割っていた。決まり手は寄り切りだが,千代の国の自滅に近い。千代の国は取組後に苦笑いをしていた。

宝富士が立ち合いで差し勝って左四つ,琴恵光を寄り切り。宝富士の完勝。

 

玉鷲が突いて攻めたが徳勝龍が左差しをうかがって耐えると崩れず,徳勝龍がはたき込みで逆転。さすがに徳勝龍は重い。

照強が右張り差しをみまったがかえって自らの体が崩れ,琴勝峰がすぐに押し出し。

隠岐の海が外四つながら浅い良い位置,もろ差しとなった輝を寄り切り。

若隆景が浅いもろ差し,霧馬山が左からの小手投げで打開を図ったが,若隆景がこらえて霧馬山の投げがすっぽぬけ,若隆景の押し倒し。

大栄翔が突き放して照ノ富士がまわしを取れず,照ノ富士が突き返して応戦すると,大栄翔がかいくぐって押し込み,そのまま押し出した。照ノ富士はやはり徐々に膝へのダメージが蓄積していっており,押されると耐えられなくなってきている。

阿武咲が攻めかかったが足が出ず,高安のはたき込み。

翔猿が張り差し,むしろ御嶽海ひるまず右四つ,翔猿も上手く回り込んでこらえたが,御嶽海が左上手投げ。御嶽海は張り差しに比較的弱いので翔猿の戦法は誤りではなかったが,今日の御嶽海には効かなかった。

隆の勝がやや立ち遅れ,妙義龍が一気の出足で押し出し。

北勝富士が一度つっかけ。二度目,両者頭で当たって北勝富士がまわしをうかがったが上体が伸び,貴景勝がさっと引き落とし。貴景勝がストレートで勝ち越し。

大相撲十一月場所七日目

琴奨菊が引退を発表した。幕内在位92場所で歴代7位,幕内勝利718勝で歴代6位。

 

石浦が潜って浅いもろ差し,そのまま琴ノ若を押し出し。

千代の国が突き起こそうとしたが豊昇龍が中に入り,千代の国が引いて呼び込んで豊昇龍が左足をとって渡し込み。

志摩の海が右からおっつけると魁聖が裏を向き,そのまま志摩の海の押し出し。

千代大龍豊山が押し合い,豊山が押し込んだが,千代大龍が土俵際でいなし,豊山が飛び出していった。決まり手は突き落とし。

千代翔馬が左上手をとって攻め込んだが,土俵際で佐田の海が右からのすくい投げで逆転。どっちも元気がない相撲。

明生が低い立ち合いでもろ差し,逸ノ城を寄り切り。明生が良い相撲だった。

竜電が左下手をとって右から絞ったが天空海崩れず,竜電が左下手投げで引っ張り込むと天空海が寄って崩し,天空海が右上手出し投げ。

炎鵬が中に入ろうと攻めかかったが琴恵光が突き放し,炎鵬がもろ差しで中に入りかけたが,琴恵光がさっと右からの小手投げ。

栃ノ心が両側から抱え,特に右から強烈に抱えて遠藤を寄り切り。

玉鷲が一度つっかけ。二度目,照強が攻めかかったが,玉鷲が突き返してはたき込み。

 

近大相撲部同学年対決。宝富士が左四つ,徳勝龍が巻き変えようとしたが,宝富士がそこで攻めて寄り切り。

碧山が当たってすぐに琴勝峰を右からの突き落とし。

大栄翔と妙義龍の激しい押し合い引き合いで攻防あり,動き回るのに長い相撲となってとうとう妙義龍のスタミナが切れ,大栄翔の突き出し。

翔猿がやや左に変化,阿武咲がついていって攻め込んだが,翔猿がいなして送り出し。

高安が左四つで霧馬山を捕らえ,万全で寄り切り。

照ノ富士が左四つで組もうとしたが組めず,引いて呼び込み若隆景が攻め込んだが,照ノ富士が引きながら左を差してこらえ,照ノ富士が左四つになって逆襲,最後はすくい投げ。

隆の勝が押して攻めていったが,輝が受け止めると足が流れ,輝の左からの突き落とし。

御嶽海が北勝富士を押し出し。

貴景勝が一気の出足,隠岐の海を押し出し。

 

大相撲九州場所六日目

松鳳山一度つっかけ。二度目,千代大龍が当たり勝って松鳳山を押し出し。

志摩の海が中に入って押し込んだが,逸ノ城が土俵際で左上手をとって土俵中央に戻し膠着,志摩の海が右から押して逸ノ城の上手を切ろうとしたができず,逸ノ城が応じて寄って寄り切った。今日の逸ノ城はしぶとかった。

豊山が一気の出足で千代翔馬を押し出し。

魁聖が押し合いから左上手をとり,琴ノ若を寄り切り。

空海が一度つっかけ。二度目,佐田の海が左下手をとって天空海も右上手,形は佐田の海だったが天空海が先んじて攻め,足もかけて右上手投げ。

千代の国が当たってすぐに引き,潜ろうとした炎鵬をはたき込み。

豊昇龍が低く良い立ち合いだったが,徳勝龍が左から差して起こし,そのまま攻めて徳勝龍の押し倒し。今日の徳勝龍は妙に動きが良かった。

碧山が一気の出足,明生を押し倒し。

竜電が当たってすぐに引き,照強をはたき込み。竜電は立ち合い前に腰を振るようなってから3連勝で調子が良い。

栃ノ心がかち上げから左上手をとって右四つ,しかし琴恵光粘って巻き替えて右四つ,栃ノ心がつって寄っていき,投げの打ち合いとなって栃ノ心の左上手投げ。

 

玉鷲一度つっかけ。二度目,玉鷲が一気の出足で妙義龍を押し出し。

離れて取る展開,遠藤が差そうとすると琴勝峰右からの小手投げで離し,そのまま琴勝峰が押し出し。琴勝峰が良い相撲だった。

翔猿と宝富士が差し手争い,翔猿が宝富士の左をたぐって右足をとばしたが,足が空振ってバランスを崩し,宝富士がはたき込んだ。

阿武咲が押し合いを制して密着してもろ差し,最後は横について大栄翔を送り出し。

照ノ富士が左四つで霧馬山を組み止め,つって豪快に寄り切った。

離れて取る展開,若隆景も攻めたが高安のはたき込み。

御嶽海が左差し,右からもおっつけてもろ差し,隠岐の海を寄り切り。

北勝富士と隆の勝が激しい押し合いから膠着,スタミナ勝負となったが,隆の勝が北勝富士をはたき込み。

貴景勝が強く当たってからいなし,輝を突き落とし。

大相撲十一月場所五日目

正代がやはり左足首の負傷で休場。横綱大関は5人いて出場は1人になってしまった。

十両では宇良が旭秀鵬に居反りを決めていた。

 

琴ノ若が先に攻めて押したが,志摩の海が中に入って右差しとなると形勢が逆転し,志摩の海の寄り切り。志摩の海好調。

逸ノ城が左上手で天空海右下手,逸ノ城が寄って寄り倒し。

豊昇龍が押していったが,千代翔馬が上手く引いてはたき込み。

千代大龍が中に入ってもろ差し,魁聖を寄り切り。千代大龍にしては珍しい取組。

佐田の海が立ち合い当たって攻め込んだが,千代の国が即座にはたき込み。

豊山と明生の押し合い,明生がいなして左からの突き落とし。

竜電今日も腰を振っていて,二度つっかけ。三度目,炎鵬が立ち合い当たってすぐにたぐったが呼び込み,竜電の押し倒し。

琴恵光が低く当たって攻め込んだが,照強が上手く引いてはたき込み。

徳勝龍が左からおっつけて押し込み,栃ノ心を押し出し。栃ノ心も土俵際で右上手投げをうっていてやや際どかったが物言いなし。まあ,物言いがついていても徳勝龍の勝ちだろう。

玉鷲と碧山の押し合い,玉鷲が制して押し出し。

 

遠藤と宝富士の差し手争いでさばき合い,遠藤が先に右四つ,巻き替えてもろ差しになろうとしたが,そこで宝富士が右上手出し投げ。やはり巻き替えはタイミングが難しい。

翔猿が先に攻めたが土俵際で琴勝峰がいなし,琴勝峰が逆襲して翔猿を押し出し。翔猿の詰めが甘かった。

妙義龍が浅いもろ差しで攻め込んだが差し手が浅すぎ,輝が挟み込んで止めてから押し返し,輝の押し倒し。

高安と隠岐の海が互いに左下手で右上手の探り合い,互いに絞ってこらえての攻防があって長い相撲になり,次第に高安の足が流れて隠岐の海の右からの突き落とし。

照ノ富士が立ち合い当たってすぐに右を差して北勝富士を捕らえ,左から強烈に絞って左上手,これで完封,最後は左上手投げ。左上手をとるための絞り,投げの照ノ富士の技術が高すぎる。

霧馬山が左に変化して上手を取りに行ったが隆の勝が追いすがって切り離し,土俵中央ではたき合いになったが互いに落ちず,霧馬山が二度目のはたきを見舞うと呼び込み,隆の勝の押し出し。目まぐるしく攻防が変わる相撲だった。

正代休場,阿武咲の不戦勝。

御嶽海が一気の出足,もろ差しで若隆景を寄り切り。今日の御嶽海は強かった。

貴景勝も一気の出足で電車道,大栄翔を突き出し。

大相撲十一月場所四日目

空海一度つっかけ。二度目,志摩の海当たり勝ってから引き,天空海を突き落とし。

千代翔馬琴ノ若が左四つがっぷり,千代翔馬が左下手投げにいくと琴ノ若があわせ,琴ノ若が投げ勝って右上手投げ。

千代大龍がMSPで豊昇龍をはたき込み。

千代の国が右四つ,魁聖に足をかけて左上手投げ。決まり手は掛け投げ。

逸ノ城手付き不十分で行司が一度止めた。二度目,佐田の海が右四つ,左上手投げで崩して逸ノ城を寄り切り。今場所の逸ノ城が全然ダメ。

竜電が今日も腰を揺らして立ち合い,竜電と豊山が激しい押し合い,竜電がもろ差しで捕らえかけたが豊山が極めて崩そうとしたが,竜電がこらえて右下手投げ。

炎鵬が何度も潜って中に入ろうとしたが,明生がその都度突き返して押し倒し。

徳勝龍と琴恵光の押し合い,徳勝龍がまわしに手をかけたが,そこを琴恵光が強烈な右からの突き落とし。琴恵光好調。

栃ノ心左に変化して左上手,照強を寄り切り。

碧山と宝富士の押し合い,宝富士が左からの突き落とし。

 

遠藤左差しで攻め,玉鷲が小手投げをうとうとして呼び込み,遠藤の押し出し。

妙義龍が一気の出足,琴勝峰を押し出し。

輝と翔猿が押し合い,攻防あったが,輝が喉輪で攻めて崩して押し出した。

照ノ富士が手付き不十分で行司が一度止めた。二度目,照ノ富士が左下手,普段と逆の四つでやや苦しい体勢,隠岐の海が右上手をとって振り回したがかえって呼び込み,照ノ富士の寄り切り。

北勝富士が当たり勝って攻め,高安を押し出し。

霧馬山が張り差しから左差し,さっと引いて御嶽海を肩透かし。霧馬山の張り差しがよく効いていた。

若隆景が左に変化したが隆の勝がついていき,隆の勝の押し出し。

大栄翔が一気の出足,正代を押し出し。正代は昨日の相撲で左足首を傷めているらしく,ほとんど踏ん張れていなかった。

貴景勝が左からいなして崩し,阿武咲を押し出し。

大相撲十一月場所三日目

朝乃山が右肩のケガで休場。実は初日で傷めていたらしい。にしても二日目は完敗だったが。

 

空海が張り差し,翠富士が低く中に入ろうとしたが,天空海がそのまま上から押しつぶしてはたき込み。張り差しが如実に効いた。天空海は幕内初白星。

千代翔馬が張り手も交えて突いたが,志摩の海が密着して押し返し,志摩の海の押し出し。

千代の国と琴ノ若が押し合い,千代の国の押し出し。

千代大龍が当たってすぐにひき,逸ノ城を引き落とし。

魁聖がまわしをうかがいながら攻め,最後は足をとって豊山を渡し込み。物言いがつき,スローVTRで見ると魁聖の左腕もかなり早かったが,豊山の身体が飛んでおり軍配通り。

炎鵬潜って中に入りかけたが,豊昇龍がさっと右からの小手投げ。これは中に入られても慌てなかった豊昇龍を褒めるべきだろう。

竜電は腰を激しく上下に振ってリズムをとっていて,明生がやりづらそうだった。明生が一度つっかけ。二度目,竜電が左下手で右側は差し手争い,じりじりと明生の体が崩れ,竜電が左下手出し投げ。竜電は誕生日だったとのこと。

琴恵光と佐田の海が右四つがっぷり,こうなると佐田の海に分がありそうだったが,琴恵光が先に攻め立て,佐田の海がうっちゃろうとしたが間に合わず,琴恵光の寄り切り。

照強が左下手をとって中に入り,碧山を寄り切り。照強お見事。

遠藤が左四つで捕らえ,徳勝龍を寄り切り。遠藤は徳勝龍戦10-0,完全に合口が良い。

 

玉鷲が一気の出足で電車道,宝富士を押し出し。

栃ノ心と琴勝峰が右四つがっぷり,栃ノ心が寄っていって左上手投げ,琴勝峰応じて投げの打ち合いとなったが,栃ノ心が投げ勝った。

妙義龍と翔猿の押し合い,妙義龍が制して前進したが,翔猿が左にかわして突き落とし。

大栄翔が引いて呼び込み,北勝富士を押し出し。大栄翔も今日は誕生日だったらしい。

阿武咲が押し込もうとしたが照ノ富士が両側から抱えてこらえ,右の差し手をうかがうと阿武咲が嫌がって引き,照ノ富士が押し返して押し出し。

隆の勝が右喉輪で攻め立てたが,隠岐の海がこらえると隆の勝の足が流れ,隠岐の海の肩透かし。隠岐の海らしい懐の広さを生かした勝ち方。

御嶽海が立ち合いで当たり勝ち,輝を押し出し。

朝乃山休場,若隆景が不戦勝。

霧馬山が左に立ち合い変化して右四つ,これで霧馬山万全かに思われたが,貴景勝が土俵際で逆転の左からの突き落とし。霧馬山は左四つ得意なので逆に変化して意表を突き,作戦には成功したが,貴景勝が組まれても存外に落ち着いていた。組まれたらあの形で突き落とすと内心覚悟を決めていたのだろう。

高安と正代が押し合い,正代が二度三度はたくも高安を崩しきれず,高安がそのたび向き直って攻め込むと正代とうとう土俵際に追い込まれたが,正代が逆転の右からの突き落とし。結びの一番の熱戦は正代の辛勝。

大相撲十一月場所二日目

千代翔馬が右に変化し,明瀬山がついていって足をとり渡し込み,しかし千代翔馬も倒れながら右から突き落とし,際どいところで軍配千代翔馬。物言いがついてもおかしくなかったが,物言いつかず。しいて言えば,渡しこんだ腕が先に落ちたと見られたか。

志摩の海が千代大龍を押し出し。

千代の国が当たってすぐに引き,天空海をはたき込み。

逸ノ城が引いて呼び込み,琴ノ若の押し出し。

豊昇龍が右四ついい形,右足を出して豊山を内掛け。

炎鵬が立ち合い八艘飛び,しかし魁聖動じず押し倒し。

竜電がもろ差しで佐田の海も外四つながら両者一枚まわし,引きつけ合うも佐田の海がユルフンで決着つかず,竜電が左のまわしをあえて離し,右のまわしを取り直しての右下手投げ。

明生が先に攻めたが琴恵光が右から差して押し返し,明生がひるんで裏を向いてしまい,琴恵光の押し出し。

徳勝龍が左に変化し,碧山をはたき込み。

照強が低い立ち合いから潜ろうとしたが,遠藤がよく見てはたき込み。

 

栃ノ心が押したがかえって脇が開き,宝富士がもろ差しで寄り切り。

琴勝峰が当たり勝って攻め続け,玉鷲を突き出し。

北勝富士が強く押し込み,さっと引いて翔猿を突き落とし。

隠岐の海が左はず押し,妙義龍が右を巻き替えてもろ差しになったが,隠岐の海がそこで押して押し出し。やはり巻き替えはスピーディーにやらないと隙でしかない。

高安が一気の出足で輝を押し出し。久々に目のさめるような高安の強い出足を見た。

大栄翔が先に攻めて突き続けたが御嶽海崩れず,大栄翔が引いて御嶽海が中に入りかけたが,大栄翔が引ききって突き落とし。

両者強く当たって隆の勝が右差し左おっつけ,これで完全に阿武咲を封じて寄り切り。

貴景勝が上手く突き起こし,若隆景を突き出し。

正代がもろ差し早く,霧馬山を寄り切り。今日は万全だった。

朝乃山と照ノ富士が互いに右四つ,照ノ富士が思い切った豪快な左上手投げ。がっぷりまで行けば朝乃山にも勝ち目があるが,投げ合いになったら勝ち目がない感じがする。

大相撲十一月場所初日

九州場所」とは書けない悲しみ。両横綱休場。琴勇輝も休場。

 

志摩の海と千代ノ皇が互いに低く押し合い,志摩の海が押し勝って押し出し。

アクアとペガサスの対決。天空海が先に攻めたが攻めきれず,千代翔馬が右下手をとって下手投げ。

千代大龍が押していったが押しきれず,琴ノ若が左からフェイントを入れて右からのはたき込み。

千代の国が逸ノ城を押し出し。千代の国は右肩のテーピングがすごいことになっていて,大丈夫だろうか。逸ノ城も元気がなさそう。

魁聖が左四つでがっちりと捕らえたが,豊昇龍が寄られる前にさっと左下手投げ。豊昇龍はあそこからよく投げた。魁聖もあそこから投げられるとは思っていなかっただろう。豊昇龍はいつの間にあんな投げる技術を身につけた。

豊山が突き起こして炎鵬を押し倒し。炎鵬は中に入れなかった。炎鵬は写真集が出るらしく,人気がすごい。

明生が立ち合い当たり勝って攻め,一度いなしを入れて崩し,佐田の海を押し出し。

竜電が巻き替えてもろ差しながら浅く,琴恵光が両側から極めると竜電苦しくなり,竜電が右を捨てて左を深く差したが,琴恵光右からの小手投げで逆転。やや際どかったが物言いつかず。琴恵光はこの形の小手投げが得意なので,竜電は攻め方が不用意だった。

徳勝龍が照強を押し倒し。右から突き倒したような形だったので,徳勝龍は得意な形であり,照強は小兵らしい軽さが見られた。

遠藤が低く当たってまわしをうかがいながら攻め,碧山は突き放そうとしたが遠藤に密着され,遠藤が押し出し。

 

玉鷲がまわしを取らせず押し切って,栃ノ心を押し出し。

宝富士が当たり勝って左からおっつけ,琴勝峰が一発で裏を向いてしまい,そのまま宝富士が押し出し。

北勝富士が一度つっかけ。二度目,北勝富士が右からおっつけて妙義龍の身体が浮き,そのまま妙義龍を押し出し。

翔猿が上位初挑戦。翔猿が先に攻めたが隠岐の海崩れず,翔猿が引いて呼び込み,隠岐の海の押し出し。翔猿はまっすぐ引いてしまい,横に動けばよかった。

照ノ富士が左四つ早く,輝を寄り切り。照ノ富士が完璧な相撲だった。

大栄翔が当たり勝って左から攻め,隆の勝を突き落とし。

御嶽海と阿武咲が押し合い,阿武咲が引いて御嶽海が突っ込んだが,阿武咲がはたき込み,軍配御嶽海で物言い。長い協議となり,阿武咲の左足が出るのと御嶽海の腹が同時に落ちたと見なされて同体取り直し。これは良い判定だろう。二度目,御嶽海が今度は右上手で捕らえ,そのまま阿武咲を寄り切った。二度目は御嶽海の作戦勝ち。

若隆景が低く当たってもろ差し,若隆景が思い切って攻めていったが,正代が土俵際で右からの突き落とし。物言いがついたが,軍配通り。正代は命拾いした。

朝乃山が立ち合いで右四つ早く,霧馬山を寄り切り。朝乃山の圧勝。

貴景勝が一気の出足,高安を押し出し。