2022年大相撲秋場所十四日目

平戸海一度つっかけ。二度目,照強が潜って平戸海の左足をとって足取り。平戸海は新入幕にしていきなり7-7。

千代翔馬が左四つで組み止め,豊山を右上手投げ。

一山本一度つっかけ。二度目,千代大龍が突き勝って一山本を突き出し。

竜電が左差しをうかがいながら押し続け,隆の勝は突き放せず,竜電が足取りも見せて押し出し。竜電10勝目。

妙義龍が立ち合い当たり勝って先に攻めて押し,琴勝峰が回り込んでいなすと押し返したが足が流れ,妙義龍のはたき込み。妙義龍勝ち越し。琴勝峰7-7。

栃ノ心が左上手早く,右は前まわしで完封,剣翔を寄り切り。

碧山が今日は引かずに押し続け,水戸龍を押し出し。

若元春が左四つで組み止め,王鵬を右上手出し投げ。王鵬7-7。

琴ノ若が押して攻めていったが,佐田の海が上手く左からいなして右四つになって組み止め,佐田の海の寄り切り。

明生が右にいなして崩し,向き直った隠岐の海に対して低く押し込み,明生の押し出し。隠岐の海負け越し。明生7-7。

 

玉鷲が頭から当たって一気の出足,翔猿を押し出し。玉鷲の完勝。玉鷲が2敗を維持して4敗勢の優勝が消滅。

翠富士が立ち合いから右差し,左おっつけてもろ差しとなり,琴恵光を寄り切り。

逸ノ城が張り差しから右差し,阿武咲がかまわず押していったが逸ノ城が左上手を取って上手投げでいなすと阿武咲の出足が止まり,逸ノ城が向き直って再び右四つ,逸ノ城の寄り切り。

霧馬山が突き放す相撲を取り,宇良をはたき込み。霧馬山が上手く取って勝ち越し。宇良は7-7。

若隆景が一度つっかけ。二度目,北勝富士が右からかち上げたがあまり効かず,若隆景が右下手を取って左からおっつけ,若隆景がもろ差しとなると万全,北勝富士を寄り切った。若隆景10勝目。北勝富士は優勝争いから脱落。

大栄翔が立ち合いから突き起こし,さっと引いて錦木をはたき込み。綺麗にはたかれたので,錦木の受け身も綺麗だった。

高安が立ち合いのかち上げが強烈,豊昇龍の上体が反れると,高安がさっと引いて引き落とし。高安が3敗を維持。豊昇龍7-7。

両者頭で当たって激しい押し合い,貴景勝が錦富士を左からの突き落とし。

両者頭で当たって遠藤が当たり勝ち,遠藤が押していくと御嶽海がいなして一度は遠藤を泳がせたが,遠藤が向き直って右四つで捕らえ,御嶽海も粘ったが,そのまま遠藤が寄り切った。ここ数日では御嶽海が一番粘った相撲だったが,成果は出ず。

正代がさっともろ差し,宝富士を寄り切り。

 

優勝争いは2敗玉鷲と3敗高安に絞られて千秋楽へ。

2022年大相撲秋場所十三日目

常幸龍が引退を発表した。

 

千代大龍が強く当たって押し込み,剣翔を右からの突き落とし。

琴勝峰が先に押していたが,豊山が押し返して押し出し。

琴恵光と平戸海が互いに右四つ,琴恵光がまわしを切って寄っていったが,平戸海が土俵際でもがいて押し返し,土俵中央で琴恵光が再び右四つ,今度こそこれで寄っていったが土俵際でまたまわしが切れ,平戸海が土壇場で左から突き落とし,両者もつれて土俵を割って軍配平戸海。物言いつかず。スローで見ると琴恵光の左肘がわずかに早く,判定は妥当であろう。NHK解説の北の富士も言っていたが,確認の物言いがあってもよかった。

妙義龍が一度つっかけ。二度目,当たってすぐに千代翔馬が引いて妙義龍をはたき込み。千代翔馬勝ち越し。

隠岐の海もろ差し,栃ノ心が外四つから左上手投げで崩して右四つになろうとしたが隠岐の海がこらえ,引き付け合いで次第に隠岐の海が耐えられなくなり,栃ノ心が再度の左上手投げで投げきった。

水戸龍が右四つで組み止め,阿武咲を寄り切り。阿武咲負け越し。

碧山が当たってすぐに引き,照強をはたき込み。照強負け越し。

両者頭で当たって竜電が先に左四つの形をつくって頭をつけ,右から攻めて遠藤を寄り切り。竜電が上手く取った。

佐田の海と王鵬が互いに左四つ,佐田の海が先に攻めて寄り切り。佐田の海勝ち越し。

一山本が先に突いていったが攻めきれず,宝富士が耐えて右からの突き落とし。一山本負け越し。

 

錦富士立ち合い低すぎ,玉鷲がすぐに引いて右からの突き落とし。

琴ノ若が喉輪も交えて攻め続け,隆の勝が逃げ回ったが,隆の勝が逆襲に転じようとしたところで琴ノ若がまわしを取って左上手出し投げ。琴ノ若勝ち越し。

激しい押し合いから明生が翠富士をはたき込み。翠富士負け越し。翠富士は上位挑戦で跳ね返された。

翔猿が勢いよく当たったが低すぎ,北勝富士が当たってすぐに左にずれ,翔猿を突き落とし。

高安がかち上げから突き起こし,霧馬山を突き落とし。

宇良が左に変化して逸ノ城の右をたぐりにいったが,逸ノ城がついていって突き放し,宇良が逃げ回ったが,逸ノ城が追いすがって押し出し。宇良は真っ向ぶつかった方が勝ちやすかったのでは。

大栄翔が一気の出足で押し込んだが,土俵際で若元春が右にかわしてはたき込み。やや際どく軍配若元春で物言いがついたが,軍配通り。これは行司がよく見ていた。大栄翔負け越し。若元春勝ち越し。

豊昇龍が立ち合いで右四つをねらったがまわしがとれず,巻き替えてもろ差しになると錦木がそこで寄り,豊昇龍が逆にその勢いを利用して豪快な右下手投げ。巻き替えは呼び込む形になってしまうから危険であり,相手はそこで攻めるのが鉄則ではあるが,攻めさせて投げ飛ばしたのは好判断であった。錦木負け越し。

御嶽海が当たってすぐに引いて呼び込み,正代の押し出し。

若隆景が左に変化し,貴景勝をはたき込み。昨日の意趣返しのような。

 

2敗に玉鷲,3敗に高安と北勝富士という展開に変わる。

2022年大相撲秋場所十二日目

隠岐の海が先に左四つ,豊山を寄り切り。

押し合いから琴勝峰が先に右四つ,水戸龍が左からの小手投げで粘ったが,琴勝峰の寄り切り。水戸龍負け越し。

千代翔馬が左下手をとろうとしたが,隆の勝が突き放し,千代翔馬が体勢を低くすると隆の勝がはたいたところで千代翔馬の手が土俵に着いた。決まり手はつき手がとられたが,普通にはたき込みでも良かったように思う。隆の勝勝ち越し。

押し合いから妙義龍がさっと中に入ってもろ差し,まわしが切れたが王鵬を押し出し。

竜電が差し勝って左四つ,琴恵光を寄り切り。竜電勝ち越し。

平戸海が素早く左前まわし,栃ノ心が一度切ったが平戸海がなおも食らいついて中に入り,平戸海の寄り切り。栃ノ心負け越し。

千代大龍と碧山が押し合い,流れの中で千代大龍が左からの突き落とし。

阿武咲が一度つっかけ。二度目,阿武咲が一方的に押して照強を押し出し。

一山本が突いて攻めていたが引いて呼び込み,遠藤の押し出し。

剣翔が差し勝って右四つ,宝富士が巻き替えようとしたが,そこで剣翔が左からの突き落とし。

 

玉鷲が喉輪で攻めたが若元春が立ち合いでつかんだ左前まわしで耐え,喉輪が外れたところで形勢逆転,若元春が走って寄り切り。若元春会心の相撲。

錦富士と翔猿が激しい押し合い,錦富士が引いて呼び込み,翔猿の押し出し。

宇良が左から強烈に極めて翠富士の右差しを殺し,そのまま寄って宇良の極め出し。

明生が立ち合いでスパッと中にはいり,逸ノ城を寄り切り。逸ノ城負け越し。

琴ノ若が一度つっかけ。二度目,少しの押し合いの後で霧馬山が中に入ってもろ差し,琴ノ若を寄り切り。

高安がかち上げから突き起こし,差せないと見るや突き放して突き続ける猛攻,若隆景を引き落とし。高安の気合が入っていた。

両者頭で当たって大栄翔が当たり勝ち,一気の出足で佐田の海を突き出し。

正代が先にもろ差しとなったが馬力が出ず,豊昇龍が右から豪快な首投げ。

貴景勝が左に大きく変化し,北勝富士をはたき込み。貴景勝は仕切りで非常に気合が入った様子を見せていた。策士である。

御嶽海が先に押して攻めたが錦木が右四つで組み止め,なおも御嶽海が前進すると錦木が土俵際で豪快な左上手投げ,両者がもつれて土俵を割った。軍配錦木で物言いがつき,比較的短い協議で同体取り直しとなった。二度目,今度は真正面からの押し合いから頭四つ,御嶽海が左からの突き落とし。

 

昨日の時点で1敗・2敗だった力士が全員負けた。

2敗が玉鷲,3敗が翔猿,高安,北勝富士,錦富士と変わった。いまだ玉鷲が大きく有利。

2022年大相撲秋場所十一日目

平戸海が両前まわし,王鵬が極めてまわしを切って土俵中央に一度戻ったが,平戸海が再び食らいついて両前まわし,平戸海の寄り切り。平戸海がよくとった。

琴勝峰が一度つっかけ。二度目,琴勝峰が諸手突きから低く構えて突き続け,照強を潜らせずに突き出し。

一山本が諸手突きから突いていったが足が出ず,隆の勝がすぐに引いてはたき込み。

両者左四つで錦富士が先に右上手をとり,千代翔馬を寄り切り。

水戸龍が先に押したが,引いて呼び込み,琴恵光の押し出し。不用意な引きである。

竜電が浅い左上手で良い位置を引き,右差しは栃ノ心に極められたが,そのまま竜電が寄っていって寄り切り。

阿武咲が二度つっかけ。三度目,剣翔が左に変化して阿武咲をはたき込み。剣翔は二回の待ったで心境が変わったか。

碧山が突いていったが足が流れ,隠岐の海の突き落とし。碧山負け越し。

今日は千代大龍がまともに引き,遠藤が押し出し。千代大龍負け越し。

豊山が懸命に突いて突き放そうとしたが,宝富士が耐えて左差しをうかがいながらじりじりと前進し,宝富士の押し出し。

 

宝富士が左差しをうかがいながら押し,妙義龍が喉輪で突き放してから激しい押し合いを経て頭四つ,妙義龍がいなしてからさっともろ差しで中に入り,高安がもがいて抵抗,首投げにいったが,妙義龍があわせて右からのすくい投げ。熱戦。

北勝富士が押して左差しもうかがったが,玉鷲が猛烈に突き起こし,玉鷲の突き出し。北勝富士玉鷲相手ならまわしを取りに行くのは正解だったが,そのために立ち合いの当たりが弱まって本末転倒になった感もある。玉鷲10勝目。

両者低く当たって頭四つ,互いに頭突き,たぐりと技を尽くして激しく押し合い,宇良がやや嫌って突き起こそうとしたが翔猿崩れず,1分を過ぎ,翔猿が一度はたいて左からいなして中に入って深い右下手,宇良が左小手投げで打開せんとしたが,翔猿が合わせて右下手投げ,翔猿が投げ勝った。熱戦。翔猿勝ち越し。

明生が低く押して押し勝ち,霧馬山を押し出し。

琴ノ若が一方的に攻めて押し込み,逸ノ城が土俵際ではたいたが琴ノ若が残し,琴ノ若の押し出し。

翠富士が左に変化し,大栄翔を引き落とし。翠富士の変化が上手かった。これは食わないのが難しい。

若隆景が一度つっかけ。二度目,両者頭で当たって若隆景が当たり勝ち,豊昇龍を押し出し。若隆景勝ち越し。若隆景は7場所連続の勝ち越しとのこと。

錦木が一度つっかけ。二度目,貴景勝が強く当たって左からいなし,錦木を突き落とし。

御嶽海が左四つ気味の構えで押していったが,佐田の海がいなして左からの突き落とし。御嶽海負け越し。御嶽海は覇気が全く無かった。

若元春が左四つで一気に寄っていったが,正代が土俵際で踏みとどまって右からの突き落とし。

 

御嶽海はカド番で負け越したので,大関からの陥落となった。

1敗が玉鷲,2敗が北勝富士と錦富士,3敗が若隆景と翔猿と高安という優勝争いとなった。玉鷲の可能性がかなり高い。

2022年大相撲秋場所十日目

仕事が忙しすぎて相撲を見る時間が取りにくい。

今日から照ノ富士が休場。これは仕方がないだろう。手術の可能性もあるほど悪かったとのこと。

 

照強が立ち合い低すぎ,東白龍が突き起こすと,照強が逃げ回ったが,東白龍が追いすがって押し出し。

押し合いから一山本が引いて呼び込み,王鵬の押し出し。

竜電右上手でいい形,千代翔馬が左下手で粘ったが,竜電が頭をつけて寄って崩し,竜電の上手出し投げ。

琴勝峰が突き起こしてから引き,平戸海をはたき込み。

千代大龍がMSPを決めて水戸龍を引き落とし。

隠岐の海が先に右四つの形を作ったが,得意とは逆で気持ち悪かったか巻き替えようとし,そこで隆の勝がまわしを切って浅いもろ差し,隆の勝の寄り切り。

碧山が当たってすぐに引き,剣翔を引き落とし。剣翔負け越し。

阿武咲が当たり勝ってもろはず,豊山を押し出し。阿武咲らしい相撲であった。

互いに左四つ,錦富士が先に仕掛けて右からの豪快な小手投げ,これで若元春が大きく崩れ,錦富士の押し出し。錦富士会心の相撲。錦富士勝ち越し。

遠藤が立ち合いで素早く左四つ,琴恵光を寄り切り。遠藤の完勝。

妙義龍が差し勝ってもろ差しになりかけたが,宝富士が強烈に極めると妙義龍が引っこ抜いて離れ,押し合いから宝富士がはたき込み。

 

栃ノ心が左に変わり気味に立って上手を取ったが,かえって呼び込み,佐田の海がもろ差しで寄り切り。

立ち合いから激しい押し合い,北勝富士が優位に進めていたが一瞬足がそろったところ,高安がはたき込み。高安勝ち越し。

明生が押したが錦木が崩れず,錦木が左からの突き落とし。

互いに右差し,琴ノ若が速攻で寄っていったが,翠富士が土俵際で肩透かしをうち,両者がほぼ同時に土俵を割って軍配翠富士。物言いがつき,同体取り直し。満場一致の判定であろう。二度目,今度も互いに右差し,錦富士が寄ろうとすると,琴ノ若が瞬時に応じて右からのすくい投げ。二番合わせて熱戦。

翔猿が中に入って先に右下手,翔猿が頭をつけると霧馬山はまわしが遠く,強引に肩越しの左上手をとって引きつけようとしたがかえって呼び込み,翔猿がもろ差しで密着,これで翔猿が寄り切った。翔猿お見事。

若隆景が強引に右を差し入れ,腕を返して宇良の上体を起こし,もろ差しで寄って崩して右からのすくい投げ。宇良をこうやって攻略するとは。

御嶽海が一気の出足で攻め込んだが攻め急ぎ,玉鷲が少し慌てたがすぐに回り込んではたき込み。玉鷲は1横綱大関全員を撃破した。

照ノ富士休場,大栄翔の不戦勝。

逸ノ城が先に左四つの形をつくり,正代を寄り切り。

豊昇龍が先に右差し,貴景勝が左からの小手投げにいったが呼び込み,そのまま豊昇龍の浴びせ倒し。貴景勝は突き放すべきだった。豊昇龍は4連敗を止めた。

 

今日も大関が全滅した。また,北勝富士が負けて全勝が消滅した。

2022年大相撲秋場所九日目

剣翔が先に左四つ,がぶり寄り気味に寄っていき,東龍が右上手投げで粘ったが,剣翔が耐えて寄り切った。

竜電が両前まわしを引いて頭をつけて寄り,左の下手を深くして水戸龍を寄り切り。竜電が上手く取った。

隠岐の海が突き放そうとしたが,照強がかいくぐって中に入り,回り込んで裏について照強の送り出し。照強は4連敗からの4連勝で復調傾向。

平戸海が先に攻め込んで右四つとなったが攻めきれず,隆の勝が逆襲して寄り切り。体格差を攻めの早さで覆せなかった。

王鵬が激しく押して攻め込んだが,錦富士が左四つで組み止めると,錦富士が次第に形を整えて寄り切った。

離れて取る展開,一山本が大きくいなして左上手投げ。

琴勝峰と栃ノ心が右四つがっぷり,琴勝峰は引いたまわしの位置がやや悪く栃ノ心のまわしが伸び,栃ノ心の左上手投げ。

千代翔馬が右の張り差しから左四つ,阿武咲を右からの上手捻り。千代翔馬お見事。

豊山が一度つっかけ。二度目,碧山が今日は突いてからの引きが決まって豊山をはたき込み。

遠藤が低く押していったが低すぎ,妙義龍が右に回り込んで引き落とし。

北勝富士が一度つっかけ。二度目,両者立ち合い強く当たって押し合い,北勝富士が左右からおっつけて崩していき,若元春を押し倒し。北勝富士9連勝。

 

千代大龍が強く当たってMSPを決め,宝富士をはたき込み。宝富士負け越し。

両者頭で当たって玉鷲が当たり勝ち,そのまま押していって明生を押し出し。玉鷲が勇み足で左足が蛇の目の砂を払ったように見えた。物言いがついても良かったように思う。玉鷲勝ち越し。

翔猿が右にずれて立って右差し,琴ノ若が右からのはず押しで崩そうとしたが,翔猿が耐えて左をこじ入れてもろ差し,琴ノ若が外四つで寄って右上手投げ,翔猿が左下手投げで合わせて投げの打ち合い,翔猿が投げ勝った。

体重差約100kg対決。翠富士が左差しから肩透かしで中に入ってもろ差し,しかし逸ノ城がどっしり構えてここで膠着,翠富士がもがいていろいろと仕掛けたが崩れせず,2分が過ぎて逸ノ城が肩越しの上手をとって外四つ,じりじりとまわしの位置を整えて逸ノ城が寄り切った。

豊昇龍が右下手をとって即座に下手投げにいったが強引すぎ,合わせて佐田の海が左上手投げ。

若隆景が一度つっかけ。二度目,若隆景がすぱっともろ差し,錦木を寄り切り。

宇良がもろはずで押していってさっと引き,正代を引き落とし。正代負け越し。正代はケガをしているなら休場した方がいい。

貴景勝が押していったが霧馬山が両前まわしで捕まえると,霧馬山が一気に寄って寄り倒し。

大栄翔が一方的に押し続け,御嶽海を押し出し。

高安がややずれて立つと押し合いから頭四つ,照ノ富士が上体を起こそうとすると高安が大きく逃げ回り,膝の悪い照ノ富士は追いすがることができない。距離が空いてから高安が攻め込んで再び頭四つ,照ノ富士が足を飛ばして蹴返しにいったが呼び込み,高安の押し出し。照ノ富士の直接的な敗因は蹴返しで呼び込んだことにあるが,根本的には膝が悪すぎ,一度離れたときに追いすがれなかったことがそれを象徴している。

 

今場所二度目の横綱大関全滅。

2022年大相撲秋場所中日

NHKの放送は台風14号の影響で17:20からとなった。

 

水戸龍が右四つをうかがって攻め,志摩の海が左からおっつけて低く構えると,両者押し合う形で膠着,1分を超えたところで志摩の海が耐えきれなくなり,水戸龍の押し出し。

豊山と一山本が押し合い,豊山が押し勝って押し出し。

隠岐の海が右四つから素早く巻き替えてもろ差し,剣翔を寄り切り。

平戸海が左下手,もろ差しをねらって右もこじ入れようとしたが,竜電が右を抱えて左おっつけで応戦,竜電が右からの小手投げ。

琴勝峰が立ち合いから押していこうと攻めたが攻め急ぎ,千代翔馬がすぐにかわしてはたき込み。

照強が低く攻め続けて千代大龍を送り出し。

両者頭で当たって隆の勝が攻め込んだが,王鵬が上手く引いて肩透かし。

栃ノ心かち上げ,錦富士構わずまわしを取って右下手,巻き替えてもろ差し,引き付けて栃ノ心の外四つを防ぎ,そのまま錦富士が寄り倒し。

碧山が今日も上づっぱりから引いてしまい,琴恵光の押し出し。

妙義龍が一気の出足でつっこんでいったが,若元春が土俵際で左にかわして突き落とし,際どいところで軍配若元春,物言いがついた。協議の結果は同体取り直し。二度目,若元春と妙義龍の押し合い,今回も妙義龍が押し込んでいたが,若元春のはたき込み。

北勝富士と遠藤が互いに低く押し合い,北勝富士が右はず押し左おっつけで押し勝って遠藤を押し出し。北勝富士が負けなしで勝ち越し。

 

阿武咲が一気の出足,電車道で宝富士を押し出し。

両者頭で当たって玉鷲が当たり勝ち,電車道佐田の海を押し出し。

琴ノ若と明生が押し合いから左四つ,琴ノ若が左上手投げで明生が合わせて右下手投げ,投げの打ち合いで琴ノ若が投げ勝った。

翔猿が左に変わり気味に立って逸ノ城と押し合い,翔猿が上手くいなして左につき,逸ノ城を送り出し。

霧馬山が立ち合いから押していくと,翠富士がすぐに左にかわして肩透かし。

宇良が押し合いから潜って豊昇龍を押し出し。豊昇龍が不調で,まわしを組ませてもらえない。

貴景勝と高安が押し合い,高安が押し勝っていたが貴景勝が逃げ回り,高安が追っていくと貴景勝の引き落とし。

両者右四つで若隆景が寄っていくと御嶽海が右下手投げでこらえ土俵中央に戻すと,若隆景が頭をつける形になって膠着,1分を超えて御嶽海がもろ差しへの巻き替えの動きを見せたが,若隆景がその瞬間に一気に寄り切った。

大栄翔が一気の出足,正代が少し粘ったが,大栄翔の押し出し。

照ノ富士が左上手早く,錦木を上手投げ。

2022年大相撲秋場所七日目

平戸海が立ち合い強く当たって低く押し,千代丸を押し出し。

互いに立てず一度待った。二度目,照強が潜って左四つで攻めていったが,照強のまわしが緩んでまわし待った。再開後にそのまま照強が水戸龍を寄り倒し。

一山本が突いていくと千代翔馬が突き返して突き起こし,千代翔馬が左を差して一気に寄り切った。

竜電が両前まわしから左四つ,剣翔を寄っていったが剣翔が重く,寄りきれないと見るや体を開いて右上手出し投げ。

千代大龍豊山が両者強く当たって客席からどよめきが起きる。押し合いから豊山が押し勝って送り出し。

琴勝峰が当たり勝って電車道,王鵬を押し出し。

隠岐の海が当たり勝って攻め込んだが,錦富士がいなして右にかわして左四つ,これで逆襲して寄り切った。隠岐の海も左四つになれば強いが,錦富士の攻めが早かった。

琴恵光が低く入って右四つ,妙義龍を寄り切り。琴恵光は妙義龍が苦手であったが,今日は克服できた。

北勝富士が低く当たって左にずれながら押し続け,隆の勝を押し出し。

若元春が先に攻め込んだが足が追いつかず,栃ノ心が立ち合いからかち上げで若元春の上体をそらし,栃ノ心の引き落とし。

阿武咲が低い立ち合いから右四つ,しかし佐田の海が受け止めて豪快な左からの上手投げ。阿武咲は無理攻めで佐田の海が投げやすかったか。

 

碧山が突き起こしてから引くと,宝富士がそこを攻めて左差し,宝富士の寄り切り。

高安が立ち合い当たり勝って突き押しで攻め,遠藤を押し出し。

翔猿と明生が互いに低い姿勢で押し合い,明生の足が流れで土俵を割り,翔猿の押し出し。明生の指が翔猿の目に入ってしまったようで,勝った翔猿が顔をしかめていた。

大栄翔と琴ノ若が激しい押し合い,大栄翔が果敢に攻めていたが,琴ノ若が左から突き落とし。

翠富士が潜って左おっつけから左四つ,豊昇龍が肩透かしをうって不発,一度突き放したが,翠富士が再び潜ってもろ差し,豊昇龍が右からの小手投げにいったが呼び込み,翠富士の送り出し。合口の良さが出た。

玉鷲が先に攻め込んだが,若隆景が左からおっつけてかわし,若隆景の突き落とし。

霧馬山が差し勝って左四つでがっちりと捕らえ,御嶽海を寄り切り。

両者右四つから巻き替えて左四つ,巻き替えのタイミングで錦木が寄って正代を寄り切り。正代は巻き替えなければよかったか。

貴景勝が距離を取りながら押し続け,宇良を押し出し。貴景勝が上手く取った。

照ノ富士が先に右四つの良い形,右下手の腕を返して逸ノ城を寄り切り。

2022年大相撲秋場所六日目

照強が変わり気味に立って左上手,頭をつけて足取りを見せ,上手投げで崩して横に付き,剣翔を寄り切り。照強お見事。

千代翔馬が一度つっかけ。二度目,千代翔馬が当たって攻め込んだが,東白龍がいなして回り込んではたき込み。

一山本が諸手突きから小気味よく突き,平戸海が崩れずつっこむと,一山本が引いてやや呼び込んだが,左上手をとってさっと上手投げ。

水戸龍が張り差しから左上手,王鵬を上手投げ。王鵬は今場所初黒星。

竜電が一度つっかけ。二度目,竜電がすぱっともろ差し,豊山を寄り切り。

千代大龍と琴勝峰が突き合い,琴勝峰が突き勝って突き出し。

琴恵光がもろ差しをこじ入れて隠岐の海を寄り切り。

隆の勝が立ち合い当たり勝って右差し,そのまま栃ノ心を寄り切り。

両者頭で当たって北勝富士が猛攻,錦富士が必死に逃げ回ったが,北勝富士が押し切って押し出し。物言いがついたが軍配通り。

両者当たってすぐに碧山が引いて呼び込み,妙義龍が攻め込んで碧山がはたき込み,かなり際どいところで軍配妙義龍。物言いがついたが,軍配通りで妙義龍の押し出し。

阿武咲が一度つっかけ。二度目,両者強く当たったが,押し合いになる前に若元春が左四つに構えて一気に寄り切った。

 

宝富士が突き起こそうとしたが,遠藤がさっと右を入れて寄り切った。

錦木が当たり勝ち,佐田の海が引いて呼び込み,錦木の押し出し。物言いがついたが軍配通り。

高安が突き放して中に入れず,翠富士を突き出し。

豊昇龍が押して引いて崩していたが,いざ土俵際になると一転して翔猿がはたくと豊昇龍がもろくも倒れ,翔猿のはたき込み。豊昇龍が捕まえに行くべきだった。

逸ノ城が一度つっかけ。二度目,若隆景が右差し,逸ノ城がこれを抱えて小手投げにいったが呼び込みかけ,一度は土俵中央に戻したが,若隆景が腕を返して右差しのまま寄り切った。若隆景がよく取った。

霧場山が一方的に突き押して攻めて大栄翔を突き出し。

正代が攻め込んでいったが土俵際で押しきれず,明生が中に入って逆襲,明生の押し出し。

両者頭で当たって押し合おうというところ,貴景勝の足が流れて玉鷲のはたき込み。

御嶽海が攻め込んだが,琴ノ若が土俵際で左足を残してはたき込み。物言いがついたが,軍配通り。

照ノ富士が突き放して攻めていたが,宇良が機敏に中に入ると照ノ富士が早々に諦め,宇良の寄り切り。宇良金星。

 

横綱大関が全滅した日となった。

2022年大相撲秋場所五日目

NHKの解説は引退したばかりの元魁聖

 

新入幕対決。平戸海が一度つっかけ。二度目,押し合いから水戸龍が平戸海をはたき込み。平戸海は行司を巻き込んで倒れた。

両者右差し,互いに腕を返して上手をうかがい,熱海富士が下がりを経由して先に左上手をとり,豊山をがぶり寄りで寄り切り。

千代翔馬が左四つがっちりで攻勢,剣翔が必死に堪えていたが,千代翔馬の右上手投げ。

照強が張り差しから潜ろうとしたが,王鵬が突き起こして中に入れず,王鵬の突き出し。王鵬が完勝で5連勝,王鵬が好調。

隠岐の海が先に右上手,竜電を寄り切り。

琴勝峰が一山本を押し出し。琴勝峰が踏み越した足で土俵が一部崩壊した。珍しい光景である。

立ち合い千代大龍が右に変化,はたいて崩したが,錦富士が土俵際でくるりと一回転してかわし,千代大龍が止まれず錦富士のはたき込み。

妙義龍が押し合いから左からいなし,隆の勝を送り出し。

北勝富士が強く当たって一方的に押し,琴恵光を押し出し。北勝富士の左の眉が切れて出血。琴恵光も額が割れて出血していた。両者出血は珍しい。

阿武咲が一度つっかけ。二度目,碧山が突き起こして阿武咲の出足を止め,碧山のはたき込み。

遠藤がもろ差しで寄っていき,栃ノ心が土俵際で右から振ってうっちゃりにいったが,栃ノ心のかかとが先に土俵を割って遠藤の寄り切り。

 

両者左差しとなって佐田の海が先に一気に寄り,右おっつけから右喉輪に変わり,宝富士を押し倒し。

若元春が突き起こしていったが高安が耐えて左差し,高安が逆襲して崩して押し出し。

翠富士が浅いもろ差しで攻め続け,錦木を土俵際に追い込むと翠富士が右に体を開いて得意技の肩透かし。翠富士お見事。

小結対決。霧場山が右下手で逸ノ城がこれを抱え,逆側は差そうとする逸ノ城を霧場山がこらえる形でやや膠着,霧場山が思い切って右を離して左上手に変えて横につき,逸ノ城が向き直ると頭をつけてまわしを遠ざけた。再び膠着し,霧場山が右下手をとってじわじわと崩し,霧場山の寄り切り。2分超の長い相撲。

若隆景が左上手をとって右四つ,時間をかけて翔猿を寄り切り。

関脇対決。豊昇龍が一気の出足,一方的に押して大栄翔を押し出し。

貴景勝と明生が激しい押し合い,貴景勝が左からの突き落とし。貴景勝は連日熱が入っている。

宇良が仕切り線から離れての立ち合い,潜ろうとしたが御嶽海が構わず押し込み,御嶽海の押し出し。御嶽海が正しい対処をした。

琴ノ若が立ち合い当たり勝ち,正代が浅いもろ差しとなったが,琴ノ若が挟み付けて前進,琴ノ若の押し出し。今場所も正代は序盤1-4。

玉鷲が立ち合い当たり勝って喉輪で猛攻,右差しとなったがそのまま照ノ富士を寄り切り。玉鷲は金星。玉鷲の金星は今年4個目。

2022年大相撲秋場所四日目

照強が潜ったが,東龍が上から押しつぶして上手投げ。

千代翔馬が右に変化して,平戸海を右からの上手投げ。

豊山が押して攻め続け,水戸龍を押し出し。

一山本が諸手突きから押すと,剣翔が押し合いから引いて呼び込み,一山本が中に入って押し出し。

王鵬が一気の出足で右おっつけ,隠岐の海を押し出し。王鵬の当たりが良かった。

両者頭で当たって左下手,上手をうかがいあっていたが,琴勝峰が諦めて寄り,竜電を寄り切り。

錦富士が立ち合い強く当たって喉輪で攻勢,隆の勝が逃げ回って体を入れ替えたが,錦富士が土俵際で左からのすくい投げ。錦富士がよく動いていた。

千代大龍が強く当たって左四つ,これで寄っていったが攻め急いで足が流れ,琴恵光が機敏に右からのすくい投げ。

北勝富士が一方的に押し込み,栃ノ心が土俵際ではたいたが際どく間に合わず,北勝富士の押し出し。

阿武咲が珍しく左上手をとり,妙義龍を上手投げ。この組み合わせは11-3と阿武咲が圧倒しており,普段の阿武咲では見られない勝ち方であることを踏まえても,完全に勝ちパターンを学習している。

両者頭で当たって押し合い,突きに変えた若元春が優勢に進めて遠藤を突き出し。若元春は突きに変えたのが良かった。

 

碧山が回転よく突いたが上づっぱりで佐田の海がこらえ,碧山が引いて呼び込み,佐田の海の押し出し。

高安が当たり勝って左四つ,錦木を右上手投げ。高安の完勝。

両者低く構えて押し合い,宝富士が左差しをうかがって攻め込むと,宇良が潜って宝富士の右をたぐり,反ってそのまま宝富士の脇をくぐり抜けると,バランスを崩した宝富士が倒れた。神業,伝え反り。幕内では20年ぶりに決まったとのこと(決めたのは平成14年秋場所三日目,当時大関だった朝青龍貴ノ浪戦)。

大栄翔が押し込んだが,逸ノ城が大栄翔の右をたぐって体を入れ替え,逸ノ城の送り出し。

豊昇龍が右に変化気味に立って右上手,上手投げで崩して左は喉輪,霧場山を寄り切り。豊昇龍は霧場山を強く警戒している。

互いに左からおっつけて削り合う感じの攻防,若隆景が張り手も交えて距離を作ると,猛烈にはたいて翠富士をはたき込み。

押し合いから翔猿がかいくぐって左差し,右もこじ入れてもろ差しとなり,御嶽海が右からの小手投げで粘ったが,翔猿が寄り切った。御嶽海は押し合いを制して勝たねばならなかったが,圧力が無かった。

玉鷲が立ち合い強く当たって一方的に押し込み,正代を押し出し。

琴ノ若がまわしをうかがいながら押していくと,貴景勝が必死に突き放して激しい相撲となり,貴景勝が張り手を乱舞,琴ノ若が必死に堪えていたがとうとう顎が跳ね上がり,貴景勝の押し倒し。

明生がもろ差しとなったが照ノ富士が両側から極めて抱え,明生がもがいて照ノ富士が少しぐらついたが,照ノ富士がそのまま極め倒した。照ノ富士が蹲踞の際に少し左膝をかばっており,今場所の膝の調子は相当に悪い。

 

今日も良い相撲が多かった。

2022年大相撲秋場所三日目

剣翔が押し合いから右四つ,千代の国を寄り切り。

平戸海が立ち合い強く当たって右四つ,豊山を一気の出足で寄っていき,土俵際でまわしを切って寄り切り。

千代翔馬が左四つでがっちりと捕らえ,水戸龍を左からの外掛け。

一山本一度つっかけ。二度目,照強が潜ったが低すぎ,一山本がかわしてはたき込み。

両者低く当たって押し合い,竜電が組もうともがいたが,王鵬が押し勝って押し倒し。

琴勝峰が押し込もうとしたが隠岐の海が左四つで組み止め,隠岐の海の右からの小手投げ。

千代大龍が立ち合いから押していったが,隆の勝が上手く回り込んで右からの突き落とし。

押し合いから妙義龍がいなして錦富士を肩透かし。

琴恵光が必死にさばいていたが栃ノ心が左上手をとり,琴恵光がなおも右からのすくい投げ,足をとばして粘ったが,栃ノ心の寄り切り。

碧山と北勝富士が押し合い,碧山が引いて呼び込み,北勝富士の押し出し。今場所の碧山はよく引く。

阿武咲が一度つっかけ。二度目,阿武咲が強い立ち合い,遠藤が左にかわしたが阿武咲がついていって押し出し。

 

左の相四つで宝富士がすっと左四つに組んで寄っていくと,若元春が土俵際で右から振ってうっちゃり。若元春は初日もうっちゃりで勝っている。

佐田の海が右四つに組みに行ったが,高安が上手くいなして肩透かし。

玉鷲が立ち合い強く当たり,錦木がふんばって残したが,玉鷲が引いてはたき込み。

豊昇龍が先に右四つ,左上手で振ってから左足を飛ばして逸ノ城を外掛け。豊昇龍お見事。

霧場山が突き起こしてからもろ差し,若隆景を寄り切り。霧場山は会心の相撲。

宇良が潜ろうとして大栄翔が突き起こし,大栄翔が回転よく突くが宇良が崩れず,大栄翔が思い切って攻め込むと宇良がひらりとかわして突き落とし。宇良お見事。大栄翔は潜らせなかったのは良かったが,その後の展開で宇良が上回った。

翠富士が中に入ってもろ差し,正代が巻き替えて左を差したが,翠富士が右上手投げで振って崩し,翠富士の寄り切り。正代,今場所もスロースタートの気配。翠富士は大関戦初勝利。翠富士は非常に嬉しそうな様子。

貴景勝が一気の出足,電車道で翔猿を押し出し。

明生が押し合いを制し,御嶽海を押し出し。

照ノ富士が右四つをうかがいながら攻め立て,琴ノ若を押し出し。

 

前頭2枚目以上から全勝が消滅した。今日も面白い相撲が多かった。

2022年大相撲秋場所二日目

千代丸が突き起こして喉輪で攻め,水戸龍が逆襲しようとしたところで千代丸が左からいなして突き落とし。

平戸海が中に入って左前まわしをとって押し込み,剣翔を押し出し。

照強が中に入ってもろ差しとなったが深すぎ,千代翔馬が外四つながら良い位置を取って寄り切った。

王鵬が押し合いを制し,豊山を突き出し。

一山本が突いていったが隠岐の海が動じず押し返し,一山本が引いて呼び込むと隠岐の海の押し出し。

竜電が立ち合い左四つで捕らえ,千代大龍を寄り切り。

琴勝峰が先に左四つを作ったが錦富士がおっつけて上手を切り,さらに腰をひねって下手も切ると今度は錦富士が左四つ,ややまわしが伸びていたが挟み付けるようにして錦富士が寄り切った。

両者右四つ,隆の勝が琴恵光を寄り切り。

妙義龍が右喉輪,左差しからのもろ差しと流れるように攻め,栃ノ心が大きく回り込んで左からの小手投げをみまったがすっぽ抜け,妙義龍の右からのすくい投げ。

北勝富士がかち上げたが,阿武咲が押しをやめて中に入って左四つ,さらに巻き替えてもろ差しとなったが,北勝富士が右上手をとって上手投げでこらえると,阿武咲が左下手投げでやや呼び込み,右上手と左下手の引き付け合い,北勝富士が制して寄り切った。押し相撲同士ながら見応えのある四つ相撲となった。

碧山が立ち合い突いてすぐに引いて呼び込み,若元春の押し出し。

 

遠藤が差し勝って左四つ,しかし佐田の海がかまわず先に攻めて寄り切り。

互いに左四つで宝富士が寄っていったが,錦木がすくい投げ気味に左から振ると宝富士が崩れ,錦木が逆襲して寄り切り。

宇良が左に変化して足取り,高安が引くと宇良の寄り切り。宇良お見事。

両者頭で当たって押し合い,明生が押し勝って若隆景の押し出し。決まり手は突き出しがとられた。

玉鷲が一方的に押して大栄翔を押し出し。玉鷲は関脇を連続撃破。

琴ノ若が右下手で豊昇龍が左上手,豊昇龍が外掛けからの上手投げで崩し,豊昇龍の寄り倒し。

離れて取る展開,貴景勝が翠富士をはたき込み。

御嶽海が強い押し合いを制してはず押し,逸ノ城を押し出し。正直逸ノ城が勝つかと思っていた。

霧場山が低く攻め込むと正代が左からいなし,霧場山がくるくると回転しながら大きく回り込むと正代が追いすがって左四つ,正代すぐに肩透かしをうつが呼び込み,正代が再び左四つで押し返して土俵中央,今度は霧場山が右上手出し投げで大きく振り回すと正代が崩れ,霧場山の寄り切り。熱戦。

両者低く構えての押し合い,翔猿が思い切って飛び込んで中に入り,翔猿の寄り切り。照ノ富士は中に入られたところですでに力を抜いていて諦めていた。翔猿は金星。

 

初日・二日目と,非常に面白い取組が多い。

2022年大相撲秋場所初日

素で日程を一週間勘違いしていた。

阿炎が初日からケガで休場。

 

両者頭で当たって平戸海が左前まわし,志摩の海を寄り切り。

水戸龍が左上手早く,やや強引ながら持ち上げて剣翔を寄り切り。膂力がある。新入幕は二人とも初日白星。

照強が一度は中に入って攻め込んだが,豊山が強烈に押し返し,今度は照強が右四つの格好で突き刺さると,豊山の右腕をひねって腕捻り。照強が初日から見事な技能を見せた。教科書に載せたいような腕捻りである。

千代翔馬がもろ差し,王鵬を強引に左からのすくい投げ,王鵬が右からの小手投げで合わせて両者一回転,千代翔馬に軍配が上がったが物言い。体が王鵬が先に死んでいるが,千代翔馬の髷が先に接地している。難しい判断になるところで協議が長引いたが,髷の接地がとられて軍配差し違え,王鵬の勝ちとなった。

一山本が諸手突きから回転よく突き続け,竜電を突き倒し。一山本が良い相撲をとった。

千代大龍がMSPを決めて隠岐の海を引き落とし。

押し合いから琴勝峰が引いてしまい,隆の勝の押し出し。隆の勝の額が切れて出血。

琴恵光が攻め込んだが,錦富士が上手く回り込んではたき込み。

妙義龍が立ち合い当たって差し勝ち右四つ,しかし北勝富士が構わず左からおっつけて攻め,たまらず妙義龍が引いて寄り切り。

阿武咲が突き起こして攻め込んだが,栃ノ心のはたき込み。

遠藤がもろ差し,碧山を寄り切り。

 

両者頭で当たって佐田の海が当たり勝ち,佐田の海が左四つで寄っていったが,若元春が左から振って見事なうっちゃり。

高安と宝富士が互いに左四つで右からおっつけあい,宝富士が嫌って引いて呼び込み,高安が頭をつけて押し込み,高安の押し出し。

押し合いから宇良が引いて呼び込み,錦木の押し出し。

大栄翔が押し合いから引き,明生をはたき込み。

玉鷲が仕切り線オーバー。二度目,押し合いから豊昇龍が低く構えたが低すぎ,玉鷲が押さえつけると反動で豊昇龍が上体を起こしてしまい,玉鷲の押し倒し。豊昇龍はもっと攻め込んでほしかった。

琴ノ若が右差し,若隆景がこれをおっつけたが効かず,琴ノ若がそのまま寄って崩して押し出し。若隆景のおっつけが不思議と琴ノ若には効かない。

翠富士が左四つでまわしを取りかけたが,御嶽海が構わず突き放して一方的に押し,御嶽海の押し出し。

翔猿が逃げ回ろうとしたが,正代が上手く追いすがって押し出し。

貴景勝逸ノ城が押し合い,逸ノ城がまともに押し勝って押し出し。

霧場山が左差し,右からの内無双を見せつつ攻めかかったが,照ノ富士がこの左を極めて霧場山の上体を起こすと,霧場山がたまらず逃げ,再び組むと今度は霧場山右上手で照ノ富士が左下手で両者半身,霧場山が強引な右上手出し投げで呼び込み,照ノ富士がもろ差しとなって悠々と寄り切った。霧場山善戦。

 

魁聖が引退した。個人的にはインドア派のゲームオタクということで親近感があった。評とねぎらいは場所のまとめ記事で。

早稲田大・文学部&文化構想学部・世界史入試問題の西洋美術史作品掲載リスト

本記事はこちら。

blog.livedoor.jp

 

時代・様式 作者名・様式名 作品名
古代 ギリシア エルギンマーブル
  ギリシア 円盤投げ像
  ヘレニズム ラオコーン
  ヘレニズム サモトラケのニケ
  ヘレニズム ミロのヴィーナス
  ローマ カピトリーノウェヌス
  ローマ マルクス=アウレリウス騎馬像
中世 ビザンツ ハギア=ソフィア
  ビザンツ ハギア=ソフィア
  ビザンツ ハギア=ソフィア
  ビザンツ ユスティニアヌス肖像画(サンヴィターレ聖堂)
  ビザンツ テオドラ肖像画(サンヴィターレ聖堂)
  ビザンツ アンドレイ=ルブリョフの《至聖三者
  ジョット ユダの接吻(スクロヴェーニ礼拝堂)
ルネサンス マサッチオ 楽園追放
  ブルネレスキ サンタ=マリア=デル=フィオーレ
  ブラマンテ サン=ピエトロ大聖堂
  ボッティチェッリ ヴィーナスの誕生
  ボッティチェッリ
  ミケランジェロ アダムの創造
  ミケランジェロ アダムの創造
  ミケランジェロ アダムの創造
  ミケランジェロ ダヴィデ像
  ミケランジェロ ダヴィデ像
  ミケランジェロ ダヴィデ像
  ダヴィンチ モナリザ
  ダヴィンチ 最後の晩餐
  ラファエロ 聖母子と幼い洗礼者ヨハネ
  ラファエロ アテネの学堂
  ティツィアーノ カール5世騎馬像
(北方) ヤン=ファン=エイク ヘントの祭壇画
  ホルバイン エラスムス
  ブリューゲル バベルの塔
  ブリューゲル 農民の踊り
バロック エル=グレコ 十字架を担うキリスト
古典主義 プッサン 夏(ルツとボアズ)
  ルーベンス マリーのマルセイユ到着
  ベラスケス ブレダの開城
  ベラスケス ラス=メニーナ
  ベルニーニ アポロンとダフネ
  レンブラント 夜警
  レンブラント 夜警
  レンブラント 夜警
  フェルメール 真珠の耳飾りの少女
  フェルメール 真珠の耳飾りの少女
  フェルメール 真珠の耳飾りの少女
  フェルメール レースを編む女性
  ユディト=レイステル 若いフルート奏者
  カスティリオーネ 乾隆帝騎馬像
ロココ ワトー シテール島への巡礼
  ワトー シテール島への巡礼

 

時代・様式 作者名・様式名 作品名
新古典主義 ヴィジェ・ルブラン マリー=アントワネットの肖像画
  ダヴィ アルプスを越えるナポレオン
  アングル ナポレオン1世肖像画
ロマン主義 ゴヤ 1808年5月3日
  ゴヤ 着衣のマハ
  ゴヤ バルコニーのマハたち
  ゴヤ 1808年5月3日
  カスパー=フリードリヒ 雲海を見下ろす散策者
  ドラクロワ キオス島の虐殺
  ドラクロワ 民衆を導く自由の女神
写実主義 クールベ 石割り
自然主義 ミレー 落ち穂拾い
  ミレー 落ち穂拾い
  テオドール=ルソー フォンテーヌブローの森の外れ,夕日
印象派 マネ 草上の昼食
  マネ 笛を吹く少年
  マネ 笛を吹く少年
  マネ 笛を吹く少年
  マネ クロッケー
  マネ モニエ通りの舗装工事
  マネ バルコニー
  マネ マクシミリアンの処刑
  モネ 睡蓮
  モネ 睡蓮
  モネ 日傘を差す女性
  ルノワール ムーラン=ド=ラ=ギャレット
  ルノワール ムーラン=ド=ラ=ギャレット
  ベルト=モリゾ 自画像
  カイユボット ボートを漕ぐ人々
ポスト印象派 ゴッホ ひまわり
  ゴッホ タンギー爺さん
  ゴッホ アルルの跳ね橋
  セザンヌ カード遊びをする人々
  セザンヌ サントヴィクトワール山
  ゴーガン 我々はどこから来たのか……
象徴主義など ウィリアム=モリス アカンサス
  ロダン 考える人
  ミュシャ ヒヤシンス姫
  ロートレック シンプソンのチェーン
20世紀 アンリ=ルソー フットボールをする人々
  マティス イカロス
  マティス 赤の調和
  マティス 青い裸婦(ビスクラの思い出)
  ピカソ アヴィニョンの娘たち
  ピカソ アヴィニョンの娘たち
  ピカソ 牧神パンの笛
  ピカソ 泣く女
  ピカソ ゲルニカ
  ピカソ ゲルニカ
  ダリ 記憶の固執
  ディエゴ=リベラ フレスコ画の制作
  岡本太郎 明日の神話
  ウォーホール マリリン=モンロー
  コルビュジェ 国立西洋美術館