大相撲秋場所十日目

豊ノ島が右アキレス腱の負傷で休場。

 

奄美貴源治をはたき込み。

東龍一度つっかけ。二度目,当たってすぐにはたいて栃煌山が東龍を肩透かし。

豊ノ島休場,錦木が不戦勝。

大翔鵬がはたいて呼び込み,豊山の押し出し。

明生もろ差しも攻めきれず,剣翔がやや苦しい姿勢ながら右上手,剣翔の上手投げ。明生が2敗に後退。

輝一度つっかけ。二度目,両者まっすぐ当たって押し合い,輝が押し勝って照強を押し出し。決まり手は寄り切りとなった。照強負け越し。

琴勇輝が一気の出足,石浦を突き出し。立ち合いの突きで石浦の身体が浮き,場内がどよめいた。

隠岐の海が立ち合い当たったが引いて呼び込み,佐田の海が左四つ,隠岐の海を寄り倒し。隠岐の海が緊張して目に見えて動きが悪くなっている。隠岐の海も2敗に後退して1敗力士が消滅。

宝富士がよく押して,松鳳山を押し出し。

阿武咲がはず押しで攻めて組ませず,琴奨菊を押し出し。今日は阿武咲が上手く取った。

 

ふわっとした立ち合いから離れて取る展開,かいくぐって炎鵬が上手くいなし,中に入って琴恵光を寄り切り。

友風が突き放していったが竜電が右四つで捕えて土俵中央,やや膠着したが竜電が左上手投げ。

朝乃山が右四つ,志摩の海を寄り切り。朝乃山勝ち越し。

碧山が引いて呼び込み,大栄翔の押し出し。碧山負け越し。

北勝富士が押し合いを制し,遠藤を押し出し。遠藤は組みたかったところ。

玉鷲が攻め込み御嶽海が防戦一方だったが,かわしきって御嶽海のはたき込み。物言いがつき,御嶽海が髷をつかんだか協議があったが,軍配通り。御嶽海勝ち越し。

貴景勝が一気の出足で突き続け,正代を押し倒し。貴景勝勝ち越し。正代負け越し。

阿炎が突いていくと豪栄道がたぐり,これが呼び込む形となってしまい,阿炎の押し出し。これは巧者豪栄道にしてはたぐりが下手だった。

栃ノ心が右四つになったがなかなか寄れず,千代大龍が巻き替えてもろざしになろうとすると,栃ノ心がかえって外四つで力が出て寄り切った。千代大龍負け越し。

 

2敗で5人が並んだ。

大相撲秋場所九日目

ふわっとした立ち合いだが成立,貴源治が右四つを作り,待っただと思った剣翔が力を抜いてしまい,貴源治がそのまま寄り切った。

栃煌山もろ差し,今日は錦木が極めずに左を巻き替えたため,栃煌山がそこを投げて右上手出し投げ。

石浦の立ち合いが低すぎ,松鳳山がそのまま上から押しつぶしてはたき込み。

炎鵬潜って深い左差し,東龍が肩越しの右上手で反対側は差し手争い,東龍が上手捻りで炎鵬が身体を預けると両者倒れ,東龍がわずかに残ったかと思われたが軍配炎鵬で物言い。協議の結果やはり軍配差し違えで東龍となり,決まり手は浴びせ倒し。炎鵬はかなり攻略されている。舞の海の指摘の通り,足技等が必要かも。

佐田の海が右差しで先に攻め込んだが,豊山が落ち着いて左からの突き落とし。

輝と琴勇輝の押し合い,琴勇輝が押し勝って突き出し。

照強が右下手をとったがそこから動けず,大翔鵬が引っ張り込んで左上手をとり,大翔鵬がじりじりと寄って寄り切った。照強は押し相撲で行くべきだった。

阿武咲今日は押せずに組まされてしまい,右四つで攻めていったが,琴恵光が右からのすくい投げ。阿武咲も離れて取った方がよい。

琴奨菊が左四つでがぶっていったが,明生が上手く回り込んで逆転の左からのすくい投げ。明生が上手く回り込んだ。明生勝ち越し。

 

宝富士が左をねじ込み,志摩の海を寄り切り。

隠岐の海と竜電が互いに低い姿勢で押し合いからはたき合い,隠岐の海が先に崩れて竜電の引き落とし。隠岐の海が今場所初黒星,全勝が消滅した。

碧山が今日はよく突いて,千代大龍を突き出し。

両者頭で当たって北勝富士が当たり勝ち,そのまま大栄翔を押し出し。

阿炎が懸命に攻めて突き続け,一度は崩して裏を向かせたが,朝乃山が土俵際で向き直り体を入れ替えてもろ差し,阿炎を寄り切った。熱戦,朝乃山は本当によく残した。

貴景勝玉鷲が押し合い,貴景勝が低く攻めて押し込み,貴景勝の押し出し。

友風と御嶽海が押し合い,御嶽海が押し勝って押し出し。友風もがんばったが,ああなると圧力が違う。

栃ノ心が右に変化し,遠藤をはたき込み。場内やや騒然としている。

豪栄道が一気の出足,もろ差しで正代を寄り切り。

大相撲秋場所中日

鶴竜休場,横綱が2人とも休場。妙義龍も休場。

 

徳勝龍が当たってすぐに石浦をはたき込み。

剣翔が上手く引いて栃煌山をはたき込み。

呼吸が合わず一度行司が止めた。二度目,輝が一方的に攻めて豊ノ島を押し倒し。

松鳳山貴源治が押し合い,貴源治松鳳山の押し相撲に付き合ってしまい,松鳳山の突き落とし。

大翔鵬が右四つで東龍を捕え,大翔鵬の寄り切り。

錦木一度つっかけ。二度目,錦木が終始押していって炎鵬を押し倒し。

琴勇輝が突いていったが,豊山がのけぞって土俵際かわし突き落とし。

阿武咲が一度つっかけ。二度目,阿武咲が押していくが隠岐の海が左差しこらえ,隠岐の海が攻め返して寄り切り。隠岐の海がストレートで勝ち越し。

佐田の海が左四つで速攻,琴奨菊を寄り切り。佐田の海,今場所はよく速攻できている。

両者仕切り線から離れての立ち合い,明生が当たり勝って琴恵光を押し出し。

 

志摩の海と照強の押し合い,攻防あって志摩の海の突き落とし。

妙義龍休場,宝富士が不戦勝。

大栄翔が一気の出足で攻めたが,竜電が左四つで捕え,竜電の寄り切り。

朝乃山が右四つで捕え,碧山を寄り切り。

北勝富士が突き起こし,阿炎を寄り切り。

離れて取る展開,遠藤が引いて千代大龍をはたき込み。

貴景勝が一気の出足,御嶽海を押し出し。

鶴竜休場,玉鷲が不戦勝。

豪栄道が一気の出足で攻め込んだが詰めが甘く,友風が土俵際でかわしてはたき込み。

正代が攻め込んだが,栃ノ心が回り込んで引いて突き落とし。

 

淡白な相撲が多かった。

大相撲秋場所七日目

立ち合い一度合わず。二度目,押し合いから東龍が右四つ,千代翔馬の寄り切り。

豊山石浦が押し合い,石浦が思い切りいなして押し出し。

貴源治右下手で大翔鵬が左上手,大翔鵬が先に攻めて寄り切り。

松鳳山が左四つを作ろうとし,栃煌山が左を巻き替えてもろ差しになろうとしたが松鳳山が外して間合いが離れるということが二度繰り返され,三度目に栃煌山松鳳山の左を極めきれずにとうとう入られ,松鳳山が右も差してもろ差し,松鳳山の寄り切り。

炎鵬が潜って左四つ,しかし剣翔が正対してどっしりと寄り,炎鵬を寄り切り。ああなると炎鵬は苦しい。

明生がもろ差しになりかけたが輝が突き放そうとし,明生が乗じて思い切り引き,土俵際で右下手出し投げ。かなり際どかったが,スローで見ると確かに明生がぎりぎり残っていた。

佐田の海がさっと左四つで速攻,錦木を寄り切り。

琴勇輝が一気の出足,電車道豊ノ島を突き出し。

阿武咲が先に攻めて宝富士の差し手を殺しながら押していったが,宝富士が受け止めると阿武咲の足が流れ,宝富士の突き落とし。

照強一度つっかけ。二度目,照強が右に変化したが琴奨菊がついていき,琴奨菊の寄り倒し。物言いがつき,スローで見ると確かに琴奨菊の右腕もかなり早く落ちていたが,それでも照強の足がよくて同時,体は先に飛んでおり,軍配通り。照強の変化は読まれていた。

 

隠岐の海が一度待った。二度目,妙義龍がもろ差しで三度寄ったが隠岐の海がこらえ,妙義龍のスタミナが切れて隠岐の海が右からの小手投げ。隠岐の海好調。

志摩の海が押していったが琴恵光が大きく逃げて仕切り直し,今度は琴恵光がもろ差しをうかがうと志摩の海が引いてしまい,琴恵光の押し出し。

朝乃山が今日はもろ差し,竜電を寄り切り。

碧山と北勝富士が突き合い,北勝富士が引いてしまい,碧山の突き出し。

離れて取る展開,阿炎が突ききって遠藤を押し出し。

千代大龍変化し,貴景勝をはたき込み。貴景勝もこれは読んでいなかっただろう。

御嶽海が攻め続け,正代を押し出し。

大栄翔が一気の出足,栃ノ心を押し出し。栃ノ心は引くと膝が持たない。

豪栄道も一気の出足,玉鷲を寄り切り。

友風が立ち合いで強く当たると鶴竜が前のめりに攻めてしまい,友風が引いてはたき込み。友風,2場所連続で鶴竜から金星。鶴竜3敗目。友風が花道で号泣していたが,引退した嘉風のことを考えてのことだったらしい。

 

まだ七日目なのに,優勝争いが全くわからない状態になってきた。

大相撲秋場所六日目

隆の勝が相手のお株を奪う突き押し,豊山を押し出し。

栃煌山が一度つっかけ。二度目,石浦潜ろうとしたが栃煌山の様子を見て寸止め,これで栃煌山が前のめりとなり,石浦のはたき込み。石浦の見事な判断。

豊ノ島貴源治が互いに左四つ,豊ノ島が先に攻めて寄ったが貴源治が懸命にこらえ,投げも交えて貴源治が体を入れ替え,貴源治の寄り切り。貴源治の粘り勝ち。

錦木が両側から抱え,東龍を極め出し。見事な極め技だった。

離れて取る展開,剣翔がいなして崩し,松鳳山を押し出し。

大翔鵬がまわしをとろうとしながら攻めていたが,一瞬引いたところを阿武咲が押し返して押し出し。

炎鵬が何度も低く潜って横に回って攻め続け,輝も粘ったが翻弄されて,炎鵬の押し出し。

照強が頭から当たる鋭い立ち合い,一気の出足で佐田の海を押し出し。

琴勇輝が先に攻めたが,明生が回り込んでいなし,明生の突き落とし。

琴奨菊が左差しで寄ろうとしたが,土俵際で宝富士が右からの突き落とし。

 

隠岐の海と志摩の海が押し合い,隠岐の海が制して押し出し。

呼吸が一度合わず。二度目,当たってすぐに妙義龍が引き,千代大龍をはたき込み。

琴恵光が低く押してよく攻めたが,竜電が残してまわしをとり,竜電が逆転の寄り切り……と思いきや,竜電の勇み足があり,琴恵光の勝ち。スロー再生で見ると完全に先に出ていた。琴恵光も自分が負けたと思って帰りかけていた。

正代が攻めていったが友風が土俵際ではたいて,軍配友風。物言いがつき,長い協議となったが,軍配通り。

碧山が前に出て攻めたが,阿炎がいなして引き落とし。

御嶽海が一気の出足,北勝富士を押し出し。

貴景勝が引いて呼び込み,遠藤が押そうとしたところ,貴景勝が一人でに崩れてつきひざ。あのまま続けていても遠藤が勝っていたと思われる。

朝乃山が右四つ早く,豪栄道を左上手投げ。右四つの朝乃山が本当に強い。

玉鷲が猛烈に突いて栃ノ心を押し出し,栃ノ心が土俵際ではたいて,軍配栃ノ心。物言いがつき,軍配差し違えで玉鷲の押し出し。栃ノ心は今場所軍配差し違えの負けが2つ,不憫である。

両者頭で強く当たって離れて取る展開,互角の争いをしていたが大栄翔が一瞬の隙を突いて猛烈に突き,大栄翔の押し出し。鶴竜は連敗。大栄翔は初金星。

 

全勝が隠岐の海一人に。

大相撲秋場所五日目

昨日の相撲で逸ノ城が右肩を脱臼して休場。ケガをしたくなくて無気力気味に取っていたはずなのに,肩透かしを食って傷めてしまうとは。

嘉風が引退を発表した。

 

石浦が潜ってもろ差し,貴源治を寄り切り。

ベテラン対決。豊ノ島が浅いもろ差しで押し上げようとしたが,栃煌山が抱えて右からの小手投げか突き落としで崩し,裏を向いた豊ノ島を押し出し。

剣翔が右,左の順番で差してもろ差し,東龍を寄り切り。

輝と豊山が互いに右四つ,豊山が寄っていくと輝が豪快な小手投げ,豊山これをこらえて再度寄ろうとするが,輝が豊山の差し手をはずし,豊山は押す姿勢になってやや膠着。輝が右から攻めて巻き替えてもろ差し,輝の寄り切り。熱戦。

松鳳山がもろ差し,錦木が投げをうつと足をかけて横につき,錦木を寄り切り。

大翔鵬が攻め込んだが,炎鵬が土俵際でかわして突き落とし。

照強が低く攻めたが足が出ず,阿武咲のはたき込み。

明生が宝富士の左を嫌って徹底して右から攻め,宝富士が業人に左をねじ込もうとするところを明生が肩透かし。

隠岐の海が琴勇輝をはたき込み。

佐田の海が右四つで捕え,琴恵光を寄り切り。

 

琴奨菊が左四つでがぶり寄り,竜電を寄り切り。

両者頭をつけあう低い体勢,千代大龍が先に引いてしまい,志摩の海の押し出し。

 正代が先に攻めたが妙義龍が左差して反撃,土俵際でバンザイ気味だったがそのまま寄り,正代を寄り切り。妙義龍が相撲のセオリーに反する体勢で寄り切っていた。すごい。

逸ノ城休場,玉鷲の不戦勝。

遠藤が一方的に押して碧山を押し出し。

両者強く当たって激しい突き押しの応酬,貴景勝が引いてひやっとしたが,何とか決まって北勝富士を突き落とし。短い相撲だったが,熱戦だった。

阿炎が突いていったが,御嶽海がかわして突き落とし。

友風が立ち合い当たって押し込んだが,栃ノ心が受け止めてはたき込み。栃ノ心,今日は傷めた膝でよく受け止めた。

大栄翔が突いていったが,豪栄道がかわして引き落とし。

朝乃山が差し勝ち右四つで良い体勢,左上手投げをうちながら寄り,鶴竜を寄り切り。朝乃山金星。

大相撲秋場所四日目

貴源治一度つっかけ。二度目,今日は低く押し込んで東龍を押し出し。昨日までの相撲を払拭するような良い押しだった。

剣翔が変化したがこれは下手で,豊山がついていって突き落とし。

栃煌山と輝の押し合い,今日は栃煌山の力が出て押し出し。

石浦が鋭い立ち合いからそのまま低く攻め,錦木を押し出し。

豊ノ島が一旦もろ差しで入ってから思い切り引き,大翔鵬を肩透かし。

松鳳山が押し込もうとしたが炎鵬が低く潜って右下手,松鳳山は腕と首を極める形で上からかぶさって膠着,松鳳山が左上手に変えて上手投げで押しつぶそうとしたが,炎鵬これを懸命にこらえる。炎鵬ジリ貧からの脱却をねらって反り技をうとうとしたが,松鳳山これを許さず浴びせ倒し。熱戦。反り技が決まっていたら早くも今場所最高の一番が決まっていたかも。

押し合いから明生が上手くいなし,阿武咲を押し出し。

琴勇輝が強い立ち合いから攻め立てて,佐田の海を突き出し。

宝富士が左差して前のめりに攻めてくると,隠岐の海がさっとかわして右からの小手投げ。隠岐の海の動きが良い。

琴恵光と照強が激しい押し合い,琴恵光が押し勝って押し出し。

 

立ち合い一度合わず。二度目,琴奨菊が当たり勝って左四つ,そのまま千代大龍を寄り切った。

妙義龍がもろ差しねらい,竜電が左から絞って阻止しようとしたが,妙義龍がねじ込んで寄り切った。竜電は差し負けたのが痛かった。

正代が立ち合いでもろ差し,電車道で志摩の海を寄り切り。

大栄翔が当たり勝ち,そのまま押し込んで玉鷲を突き出し。

朝乃山が右四つで攻めていったが形が不完全,遠藤が粘って巻き替えてもろ差し,体を入れ替えて遠藤の寄り切り。遠藤が良い相撲を取った。

御嶽海が一気の出足,碧山を押し出し。

貴景勝が一気の出足,友風を押し出し。完全に貴景勝の出足が戻ってきた。これは10勝が見えてきた。

豪栄道が当たり勝って一気の出足,豪栄道の押し出し。同じような展開が三番続いた。

阿炎が諸手突きから突いていったが足が追いつかず,栃ノ心が引いてはたき込み。あっさり決まったが物言い,スローで見ると栃ノ心がはたく際に左手が髷に思い切り入っており,反則負けとなった。これはどう見ても引っ張っていてちょっと言い訳できない。普通にはたいても倒れそうなほど阿炎の足が追いついていなかったので,非常にもったいない。

鶴竜が右四つになってからさっと引き,逸ノ城を肩透かし。鶴竜が動けている。

大相撲秋場所三日目

貴源治栃煌山の押し合い,貴源治が捕まえられず,栃煌山の押し出し。貴源治は,貴ノ富士の暴行事件があって,相撲が取りづらい精神状態ではあろう。

豊山が先に攻めたが東龍がいなして崩し,東龍の送り出し。

豊ノ島が押し込んだが,石浦が思い切り引いて突き落とし。

剣翔が当たってすぐに引き,錦木をはたき込み。

輝が当たってすぐに引いて大翔鵬を引き落とし。大翔鵬が異様に脆かった。

阿武咲一度つっかけ。二度目,松鳳山が右からの張り差しも効かず,阿武咲が一気の出足で松鳳山を押し出し。

琴勇輝が焦らしすぎ,立ち合い一度合わず。二度目,琴勇輝が突いていったが炎鵬かわして潜り込み,炎鵬が前まわしをとって寄り切り。

離れて取る展開,互いの体が目まぐるしく入れ替わる相撲となったが,明生が照強を送り出し。展開は照強に見えたが,明生がよく取った。

佐田の海が一気の出足で宝富士を押し出したが,土俵際で宝富士がはたきこんで,軍配宝富士となり物言い。スローで見ると確かに宝富士の足が残っていて,協議の結果軍配通り。

隠岐の海が左四つを作りながら攻め,琴恵光を右上手投げ。

 

妙義龍が先に左四つを作って攻めたが攻めきれず,琴奨菊が寄り返すと妙義龍が首投げでこらようとしたが不発,琴奨菊の寄り切り。

両者手付き不十分で立ち合い不成立。二度目,両者頭で当たって竜電が右のまわしを取り,左もとって志摩の海を寄り切り。

千代大龍が強烈な立ち合いから押し込み,正代を押し出し。

玉鷲が先に攻めたが,友風が土俵際ではたき込み。

大栄翔が攻め込んで阿炎のはたき込み,軍配阿炎で物言い。スローで見る分には阿炎のかかとが浮いていて残っている。やはり軍配通り。

貴景勝が当たってすぐに引き,朝乃山をはたき込み。

御嶽海が中に入ってもろ差し,逸ノ城を寄り切り。逸ノ城,今場所はやる気ないモードか。

立ち合い一度合わず。二度目は栃ノ心がつっかけ。三度目,北勝富士が先に攻めたが栃ノ心組み止めて右四つ,北勝富士を寄り倒し。

豪栄道左の上手良い位置を引いて上手投げ,しかし遠藤こらえて互いに右下手,豪栄道二の矢が出ず,むしろ遠藤が巻き替えてもろ差し,遠藤の寄り切り。豪栄道は左上手投げから右四つを作ったところまでは良かったのだが,次の行動が遠藤の方が早かった。豪栄道らしからぬ敗戦。

鶴竜が碧山をはたき込み。今場所の碧山は脆い。

大相撲秋場所二日目

白鵬2日目から休場。また,台風の影響で開始が30分遅れた。AbemaTVの解説は元安美錦安治川親方

 

豊山が押し込み,貴源治が右四つで組み止めたが,そのまま豊山が寄り切った。

奄美栃煌山が押し合い,それなりに長い押し合いになり,大奄美が左四つを作って寄り切り。栃煌山の押す力がかなり衰えている。

石浦が思い切って左に変わり,剣翔を送り出し。石浦は上手い変化だった。

両者頭をつけあって押し合い,豊ノ島が押し勝って左四つとなったが,豊ノ島が寄りきれず,東龍が右上手出し投げ。

松鳳山右張り差しも輝ひるまず押し合い,輝が押し勝って右四つ,左上手投げで崩して松鳳山を寄り切り。

大翔鵬左上手,錦木が右下手で膠着,錦木が強引に左をねじ込んでもろ差し,錦木の寄り切り。

阿武咲が頭から当たって一気の出足,しかし押し込みきれず佐田の海が土俵際で左にかわし,体が入れ替わって佐田の海の渡し込み。

炎鵬潜って左四つ,明生を豪快な左下手投げ。

隠岐の海が仕切り線から離れて立ち合い,照強が潜って攻めようとしたが届かず,隠岐の海が左から攻めて押し込み,隠岐の海の突き倒し。

琴勇輝が一方的に押して宝富士を押し出し。

志摩の海が左四つ,琴奨菊を寄り切り。

 

妙義龍が一気の出足で琴恵光を押し出し。

玉鷲が当たり勝って電車道千代大龍を押し出し。

竜電が右上手で攻めたが左が差せず,無理に寄っていくと正代があわせて左下手投げ,投げのうちあいとなって正代が投げ勝った。

押し合いから友風が引いて呼び込み,遠藤の押し出し。

御嶽海と大栄翔が激しい押し合い,攻防入れ替わりつつ,御嶽海が回り込んで突き落とし。

貴景勝が一方的に攻めて,碧山を押し出し。

豪栄道が立ち合いよく,もろ差しで逸ノ城を寄り切り。

白鵬休場で阿炎不戦勝。

朝乃山が立ち合いで左上手,右は浅く差して栃ノ心に上手をとらせず,朝乃山の寄り切り。朝乃山が上手かった。

両者頭で当たって鶴竜当たり勝ち,北勝富士をはたき込み。

大相撲秋場所初日

高安が休場。十両では嘉風が休場で進退が危ぶまれている。同じく十両の貴ノ富士は暴力事件を起こして謹慎休場。

 

千代丸が諸手突きから左に体を開き,貴源治を突き落とし。

栃煌山がもろ差しになろうと必死にかいくぐったが,豊山が防ぎきって左からの小手投げ。なお,豊山は場所前に結婚を発表していた。

石浦が潜ろうとしたが東龍が食い止め,東龍の右上手捻り。東龍は30場所ぶりの幕内とのことで,史上2位の間隔(1位は里山の38場所)。確かに久しぶりに見た。

離れて取る展開だったが,剣翔が捕えて豊ノ島を寄り切り。剣翔が新入幕初日で初白星。

輝一度つっかけ。二度目,両者頭で当たって左四つ,輝が寄っていったが錦木が豪快な下手投げ。

松鳳山が深いもろ差し,体躯の大きな大翔鵬にやや手間取ったが,左からの下手投げ。

炎鵬が阿武咲の左をたぐって左差し,阿武咲も押し込んで抵抗したが,炎鵬が左からのすくい投げ。

佐田の海が先に攻めたが,明生がうまく引いて肩透かし。

琴勇輝が先に攻め込んだが照強が土俵際でかわし,琴勇輝が向き直ったところを照強が押し出した。

宝富士と琴恵光が右四つに組み,やや攻防があったがやはり宝富士の寄り切り。

隠岐の海が右上手で攻めて寄り切り,しかしそのまま勝負が続行してしまい,琴奨菊が寄り返して左からのすくい投げ。これで行司軍配が隠岐の海だったから,行司の判断自体は正しいが,であれば琴奨菊が寄り切られたところで勝負を止めてほしかったところ。隠岐の海も自分が負けたと思って帰りそうになっていた。

 

両者頭で当たって妙義龍当たり勝ち,志摩の海が引いて呼び込み妙義龍の寄り切り。

竜電が左四つの形を先に作り,上手出し投げで崩して千代大龍を寄り切り。

玉鷲が押し込んで正代がかわすという展開,玉鷲が押し切って押し出し。

阿炎が諸手突きから攻めていったが足が出ず,友風のはたき込み。

貴景勝と大栄翔が真正面からの激しい押し合い,貴景勝が崩れかけた場面もあったがよく残し,貴景勝の突き落とし。両者の気持ちの乗った熱戦だった。

朝乃山が立ち合いで左の下手を取ると,御嶽海これを切ろうとして引いてしまい,朝乃山の押し出し。

逸ノ城が当たってすぐに左上手,栃ノ心を上手投げ。

豪栄道が碧山を押し出し。碧山が消極的。

白鵬張り差しも北勝富士これをかわして右喉輪・左からおっつけ,さらに右を差すと白鵬が引いて呼び込み,北勝富士が寄り切った。北勝富士金星。

両者頭で当たって遠藤が攻めかかったが,鶴竜がうまくいなしてはたき込み。

 

初日は良い相撲が多かった。

大相撲名古屋場所千秋楽

殊勲賞は友風,敢闘賞は照強,技能賞は遠藤と炎鵬。琴奨菊は今日勝ち越しを決めて,かつ白鵬が優勝した場合という条件で殊勲賞となったが,それならそもそもあげなくてよいのでは……

 

錦木が千代丸を押し出し。

呼吸が一度合わず。二度目,炎鵬が低い立ち合いで中に入り,大翔鵬を左下手投げ。

栃煌山松鳳山を押し出し。千秋楽だけ馬力が出た。

輝がもろ差しで寄っていったが隠岐の海が耐え,隠岐の海が巻き替えて左四つ,隠岐の海が寄り切った。輝は押し相撲でいきたかったところ。

三賞受賞者対決。照強が一気の出足,友風を押し出し。照強は12勝,友風は11勝で終戦

琴勇輝が妙義龍を突き出し。琴勇輝も11勝に乗せた。

7-7対決。離れて取る展開となり,千代大龍が突き放して突き倒し。千代大龍勝ち越し,豊ノ島負け越し。

宝富士が左四つ,矢後を寄り切り。宝富士は連続出場600回となり,現役で最多。

逸ノ城が突き起こし,琴恵光を押し出し。

 

正代が立ち合いで左差し,右も入れてもろ差しとなり,貴源治を寄り切り。

碧山が大栄翔をはたき込み。碧山勝ち越し。

遠藤手付き不十分で一度行司待った。二度目,立ち合いから北勝富士が押し込んだが,遠藤軽やかに動いて残り,土俵際で右下手,北勝富士も左上手をとったが上手投げで呼び込み,遠藤の寄り切り。遠藤10勝目。

朝乃山が右四つのいい形,佐田の海を寄り切り。

明生が一気の出足,もろ差しで竜電を寄り切り。

玉鷲と阿武咲の押し合い,玉鷲の引き落とし。

これより三役。阿炎が思い切り変化して琴奨菊をはたき込み。阿炎勝ち越し。琴奨菊は負け越しで殊勲賞消滅。

御嶽海が一気の出足,志摩の海を押し出し。

白鵬が立ち合いで左上手をとりにいって両者右四つ,鶴竜が巻き替えにいって右四つに変わり,鶴竜が寄っていくと白鵬が絞って抵抗,鶴竜がこれを嫌って再度巻き替えてもろ差しとなり,鶴竜万全で寄り切った。鶴竜が強い相撲を見せた。

 

鶴竜が14勝で優勝。

大相撲名古屋場所十四日目

豊ノ島浅いもろ差し,錦木が引っ張り込んで小手投げにいきたかったが,豊ノ島左を抜いてはず押しに変え,豊ノ島の押し出し。豊ノ島7-7。

貴源治と矢後が互いに左四つ,矢後の寄り切り。

松鳳山がもろ差し,千代丸を寄り切り。

佐田の海が右四つ早く,大翔鵬をいい形で寄って寄り切り。大翔鵬負け越し。

阿武咲が低く当たったが,輝が突き落とし。阿武咲負け越し。輝7-7。

栃煌山もろ差しも攻められず,隠岐の海が外四つで寄っていって巻き替え,左四つになって寄り切り。栃煌山はあのもろ差しで攻めることができないのは,よほどの絶不調である。隠岐の海7-7。

炎鵬が二度つっかけ。三度目,炎鵬が低い立ち合いからさばいてもろ差し,妙義龍を寄り切り。炎鵬が念願の勝ち越し。

琴恵光張り差しも友風ひるまず,友風が当たってすぐにはたき込み。

琴勇輝が左喉輪で攻めて,明生を引き落とし。

 

碧山が引いて呼び込み,押し返した際に窮屈になり,志摩の海が左上手出し投げ。碧山7-7。

遠藤が必死に右からおっつけて宝富士の左差しを嫌い,最後はさっともろ差しとなって宝富士を寄り切り。

朝乃山と正代が左四つ,朝乃山が巻き替えて右四つとなって寄り切り。正代負け越し。

照強が立ち合い低すぎ,北勝富士がすぐにはたいて突き落とし。

阿炎が諸手突きから一気の出足,逸ノ城を押し出し。阿炎7-7。

大栄翔が攻め続け,竜電もかなり粘ったが,大栄翔の押し出し。

玉鷲珍しく左四つ,千代大龍を寄り切り。玉鷲はねらっていたわけではなく偶然ああなったと思われるが,結果的に組んで良かった。千代大龍7-7。

鶴竜が右四つで捕え,御嶽海を寄り切り。

琴奨菊差し勝ってもろ差し,一気の出足で白鵬を寄り切った。この展開を予想していた人は極めて少なかろう。琴奨菊金星で7-7。

 

鶴竜1敗,白鵬2敗となった。

大相撲名古屋場所十三日目

栃煌山が浅いもろ差し,錦木が思いきり振って得意の右からの小手投げ。

佐田の海貴源治が右四つがっぷり,佐田の海が先に攻めて寄り切り。佐田の海勝ち越し。

離れて取る展開から炎鵬が左差し,これで寄っていったが体勢が定まっておらず,琴恵光が足をかけて小手投げ。決まり手は掛け投げがとられた。

大翔鵬が右四つで捕え,矢後を寄り切り。

豊ノ島松鳳山の左をたぐって崩し,豊ノ島のとったり。松鳳山負け越し。

琴勇輝が諸手突きから一方的に突いて,隠岐の海を押し出し。

照強が中に入って浅いもろ差し,これで寄っていって阿武咲を押し出し。

千代大龍が押し勝って輝を押し出し。

千代丸がやや変わり気味にたったが,明生がついていって押し出し。千代丸負け越し。

 

遠藤が一気の出足,志摩の海を電車道で押し出し。遠藤の勝ち越し。

北勝富士が中に入り,やや時間がかかったがもろ差し,逸ノ城肩越しの上手も耐え消えず,北勝富士の寄り切り。組む展開にはなったが,体勢の差が大きかった。北勝富士勝ち越し。

突き放す碧山と追いすがる朝乃山,碧山のはたき込み。朝乃山負け越し。

正代が先に押し込んだが竜電が前まわしをうかがって耐え,まわしが切れると今度は右からおっつけて逆転,竜電の押し出し。

阿炎が諸手突きから一気の出足で大栄翔を押し出し。

玉鷲が突き放そうとするが圧力がなく,宝富士が左を差して玉鷲窮地に陥ったが,土壇場で逆転の小手投げ。

御嶽海が立ち合いでもろ差し,電車道琴奨菊を寄り切り。御嶽海完璧な立ち合い。御嶽海勝ち越し。

白鵬が左からとったりで崩し,右から妙義龍の首を抱えて極め,最後は左からの小手投げ。

両者頭で当たり,鶴竜の当たり低すぎ,友風がさっと引いて鶴竜をはたき込み。一瞬で決まってしまって何が起きたのかすぐにはわからなかった。友風が金星。鶴竜は一気に決めようとしすぎ,思ったよりも友風の当たりが強かったので決めきれず,隙が生まれた。しかし,その刹那の隙を完全に突いた友風の強心臓。友風は化けるかもしれない。

 

白鵬鶴竜が1敗,照強が2敗,友風が3敗に変わる。

大相撲名古屋場所十二日目

琴勇輝が諸手突きから一気の出足,輝を押し出し。

錦木が立ち合いから左からおっつけ,矢後を電車道で押し出し。

佐田の海が攻めたが,琴恵光を引き落とし。琴恵光勝ち越し。

炎鵬が右に変わり気味に立って攻め込もうとしたが,炎鵬の膝が入ってしまいほぼ一人でに倒れ,松鳳山の押し倒し。

阿武咲が一気の出足で押し込んだが決めきれず,豊ノ島が阿武咲の右おっつけに耐えて左差し,こうなると豊ノ島が逆転して寄り切った。

千代丸と隠岐の海が互いに右下手で上手なく膠着,隠岐の海が三度寄って寄り切った。

離れて取る展開,妙義龍が差しに来ると照強が上手くおっつけて崩し,照強の押し出し。照強とうとう10勝目。

貴源治がもろ差しも窮屈,志摩の海が強烈に極めて右からの小手投げ。

琴奨菊栃煌山の押し合い,琴奨菊が捕えて寄り切り。栃煌山負け越し。

 

宝富士がいい形ながら右四つで決めきれず,大翔鵬はまわしがとれず膠着。大翔鵬が巻き替えてもろ差しとなったが窮屈,宝富士が外四つだがかえっていい形になり,これで宝富士が寄り切った。

友風が深いもろ差しだが,逸ノ城が外四つで寄り切った。久々に逸ノ城のパワーを感じた。逸ノ城勝ち越し。

大栄翔が押し合いから朝乃山を突き落とし。

北勝富士張り差しも正代が構わず低く押し込み,正代の押し出し。北勝富士のお株を奪うかのような正代の押しだった。

阿炎が今日も景気よく突いていったが,遠藤がこらえると阿炎の足がもつれてつきひざ。

両者頭で当たって碧山が突き放し,突ききって竜電を突き出し。

玉鷲が一気の出足,明生を突き出し。

鶴竜が右上手早く,千代大龍を右上手出し投げ……かに見えて足を払っていて,決まり手は裾払い。

御嶽海手付き不十分で一度待った,白鵬が寄り切っていただけにもったいない。二度目,御嶽海が深いもろ差し,白鵬が外四つで膠着したが,やや時間がかかって白鵬がそのまま寄り切った。

 

どことなく,もろ差しになったのに負ける取組が多い日だった。鶴竜が全勝,白鵬が1敗,照強が2敗の展開。

大相撲名古屋場所十一日目

高安と魁聖が今日から休場。大関は全員休場となった。高安休場によって白鵬が不戦勝になるが,これは不用意な割だったと思う。

 

炎鵬が低く潜ってもろ差し,しかし佐田の海が意外に重く耐えに耐え続け,炎鵬が思い切って寄っていくと佐田の海が土俵際が左からの小手投げ。佐田の海がよく耐えた。

両者頭で当たって輝が右四つ,組む形にはなったがそのまま輝が攻めて矢後を右からの突き落とし。矢後が脆かった。矢後負け越し。

栃煌山豊ノ島をはたき込み。

錦木一度つっかけ。二度目は照強がつっかけ。三度目,照強が低い立ち合いから電車道,錦木を押し出し。錦木負け越し。

貴ノ岩が一度捕まえたが,千代丸が思い切り突き放してまわしを切り,千代丸の突き出し。

魁聖休場,阿武咲の不戦勝。

琴勇輝が右に変わり気味に立ったが,友風がついていき,琴勇輝が押し込んだが友風のはたき込み。

隠岐の海が左四つ,妙義龍が引いて呼び込み,隠岐の海の寄り切り。

琴恵光が諸手突きから突いて崩して右四つ,志摩の海を寄り切り。

千代大龍が強い立ち合いだったが,大翔鵬がかえっていい位置に弾き飛ばされ,千代大龍の二の矢をはたき込み。

 

松鳳山が諸手突きから浅いもろ差し,松鳳山が寄っていったが宝富士が逆転の右からの小手投げ。

正代が左四つで寄っていったが詰めが甘く,大栄翔が土俵際で右からの突き落とし。正代は勝てる相撲を落とした。

朝乃山が一気の出足,北勝富士に押し勝って押し出した。朝乃山が良い相撲。

両者頭で当たって遠藤と竜電らしい差し手争い,遠藤がさすがに差し勝って左四つで寄り切った。竜電負け越し。

阿炎が猛然と押していったが,碧山がいなして押し出し。阿炎は悪い負け方ではない。

離れて取る展開,逸ノ城玉鷲をはたき込み。

高安休場,白鵬が不戦勝。

両者頭で当たって両者右四つ,明生が寄っていくと御嶽海が巻き替えて左四つとなりがっぷり。御嶽海が左下手投げで振り回すと明生外掛けでこらえ,土俵中央に戻ってやや膠着。御嶽海が今度は右上手投げで振って寄り切った。熱戦。

両者頭で当たって琴奨菊が一気の出足で寄っていったが,鶴竜こらえて右上手投げで戻し,今度は鶴竜が寄っていくと琴奨菊がまわしを切ったが,鶴竜がそのまま突き倒した。これも熱戦。