大相撲名古屋場所二日目

琴勇輝と矢後の突き合い,琴勇輝が優勢となり左から突き落とし。

照強が左四つ,頭をつけていい形を作り,豊ノ島を寄り切り。

炎鵬が潜ってぐるぐるまわりこみ,横について魁聖を寄り切り。お見事。

千代丸が押し込んでいったが,体が密着したところで栃煌山がさっと差してすくい投げ。千代丸はできれば突き放したかった。

輝が押し込んだが,佐田の海が土俵際でかわして左からの網打ち。上手い網打ちであった。

琴恵光がいなして錦木を送り出し。錦木が脆かった。

貴源治と大翔鵬が右四つがっぷり,貴源治の寄り切り。上手い。

阿武咲と松鳳山の押し合い,阿武咲の押し出し。

友風が隠岐の海を押し出し。物言いがついたが軍配通り。

千代大龍一度つっかけ。二度目,千代大龍が一気の出足で妙義龍を突き出し。

 

 志摩の海が低く攻め込んだが足が流れ,宝富士がこらえて右上手投げ。

互いに左四つ,志摩の海が先に攻めて琴奨菊が崩れかけたが,右から突き落としながら左で下手捻り,琴奨菊が逆転。琴奨菊のひねり技は珍しい。

逸ノ城が大栄翔を押し倒し。今日は逸ノ城が攻めていた。

御嶽海が突き放し,遠藤を押し出し。

碧山が玉鷲を引き落とし。

豪栄道が当たってすぐに引き,阿炎を左上手出し投げ。

正代差し勝って左四つ,一気の出足で栃ノ心を寄り切り。

竜電左下手で高安右上手,竜電頭をつけてじりじりと横につき,思い切って寄っていって寄り倒そうとしたが,高安が土俵際で右からの網打ち。軍配竜電で物言い,スローVTRで見てもかなり際どく,やはり同体取り直し。これは妥当判定。二度目,竜電またも左四つで寄ろうとしてすくい投げ,これで崩してもろ差し,高安を寄り倒し。

北勝富士が押し込んでいったが,鶴竜が際どくかわしてくるりと一回転,鶴竜のはたき込み。

白鵬先に右四つ,朝乃山右下手で上手なく,朝乃山がこらえていたが白鵬が左上手投げ。