大相撲五月場所千秋楽

三賞は技能賞が栃ノ心。敢闘賞は千代の国,千秋楽勝利の条件付きで栃ノ心と旭大星。殊勲賞は千秋楽の自身の勝利と鶴竜の勝利が条件で松鳳山となった。殊勲賞の条件が厳しすぎる気も。


隆の勝が一気の出足で安美錦を押し出し。安美錦は立ち合い時仕切り線オーバー。
石浦が低く潜って左差し,足をかけて旭秀鵬を小股掬い。
錦木が上手く先に右四つを作り,朝乃山を寄り切り。錦木10勝目。朝乃山負け越し。
荒鷲がたぐって逃げ回り,碧山が突いて崩して追いすがるが,荒鷲が突如逆方向にかわすと碧山の体が崩れ,最後は荒鷲が再度たぐって小手捻り。場内放送は腕捻りであったが,そこまで腕をつかんでひねっていないと思う。
貴景勝佐田の海をはたき込み。
豪風隠岐の海を肩透かし。今場所の隠岐の海は良いところがなかった。
立ち合い一度合わず,行司が止めた。二度目,大翔丸栃煌山を左にかわしてはたき込み。
千代の国と輝が正面衝突,素早い展開となり千代の国が突き落とし。千代の国が12勝目。
旭大星がいなして崩し,千代丸を送り出し。旭大星が敢闘賞獲得。
竜電左四つ,大奄美を寄り倒し。竜電が千秋楽にやっと良い相撲を見せた。


妙義龍が立ち合いでもろ差し,綺麗に琴奨菊を寄り切り。妙義龍らしい寄り切りであった。
大栄翔と豊山が激しい押し合い,大栄翔が豊山を押し出し。大栄翔は5回めの対戦で初めて豊山に勝った。両者とも大きく負け越しているとは思えない良い相撲であった。上位挑戦の意味があったか。
7−7対決。阿炎が諸手突きから先に攻めたが嘉風がまわしをうかがうと引きに転じ,嘉風が一転攻勢,阿炎のはたきが決まらず,嘉風の押し出し。嘉風勝ち越し。阿炎負け越し。
続いて7−7対決。松鳳山諸手突きからもろ差し,宝富士を寄り倒し。松鳳山勝ち越し。宝富士負け越し。
魁聖千代大龍が互いに右下手,体勢は千代大龍の方が良かったが,千代大龍が寄ろうとすると魁聖がすくい投げ。
正代が何度もまわしをうかがったが,玉鷲が懸命に突き放して押し出し。玉鷲勝ち越し。
千代翔馬が右上手早く,遠藤を回転しながら上手投げ。
これより三役。御嶽海が一気の出足で中に入り,逸ノ城を押し出し。御嶽海,やはり昨日負傷した右膝が痛そうであったが,根性で乗り越えた。
栃ノ心と勢が右四つ,栃ノ心が寄り切り。栃ノ心は右手首を負傷していて突きがうてない中,よく勝った。栃ノ心13勝。
鶴竜右四つで頭をつけて寄っていき,白鵬が土俵際でこらえて巻き替え,白鵬戻して土俵中央に対峙。白鵬もろ差しで鶴竜外四つも,鶴竜良い位置を引いて絞り有利な体勢。鶴竜が思い切って寄っていき,白鵬懸命に粘ったが,鶴竜が渾身の力で寄り切った。松鳳山の殊勲賞が確定。


鶴竜5度目,初の連覇で優勝。