大相撲九州場所十日目

琴恵光が一方的に突いて千代丸を突き出し。千代丸は負け越し,来場所の十両転落は確実。琴恵光は誕生日だったとのこと。

阿武咲が左四つで千代翔馬を寄り切り。組んだが馬力があった。阿武咲勝ち越し。

荒鷲張り差しも聞かず,遠藤がもろ差しで寄り切り。

佐田の海が攻めていったが,明生のはたき込み。

琴奨菊が左四つ,がぶって大翔丸を寄り切り。

大栄翔が隆の勝を押し出し。やや際どかったが物言いなし。そもそも隆の勝ははたく時に大栄翔の髷をつかんでいる疑惑もある。大栄翔勝ち越し。

勢が押し込み,右から浅く抱えて極めだそうとしたがさすがに浅く,大奄美がかわして肩透かし。

碧山が突き続けてから一気に引き,宝富士をはたき込み。碧山勝ち越し。

阿炎一度つっかけ。二度目,隠岐の海が阿炎を押し出し。

松鳳山右からの張り差しも聞かず,千代の国が豪快に突き続けたが松鳳山が耐え抜き,松鳳山が左四つで捕えて右上手投げ,これで決まりかけたが千代の国が足一本で残り,向き直って千代の国もろ差し,松鳳山巻き替えて左の相四つに戻り,互いに振り回して体がくるくると入れ替わる。流れの中で千代の国の足がもつれ,松鳳山の寄り倒し。大熱戦。千代の国は負け越し。

豊山がかち上げから押すと輝が応戦,互いに強く押し合う相撲となり,豊山の押し出し。これも良い相撲だった。

 

竜電一度つっかけ。二度目,頭と頭でぶつかり,貴ノ岩がすぐに引いてはたき込み。竜電は貴ノ岩に一度も勝てていない。

嘉風栃煌山を押し出し。物言いがついたが,軍配通り。

妙義龍がもろ差しをこじ入れようとしたが,錦木が右から小手投げ。錦木の小手投げ,今場所覚醒している。

貴景勝が猛烈に強い立ち合い,そのまま一方的に北勝富士を押し出し。強い相撲であった。貴景勝は幕内通算100勝目。

玉鷲が左おっつけ右喉輪で攻めて,魁聖を押し出し。

正代が左からおっつけて左差し,右もこじいれようとしながらじりじりと寄ると,御嶽海たまらず引いて呼び込み,正代の押し出し。正代は良い相撲。御嶽海は惨敗で5敗目。今場所後の大関昇進はすでに絶望的だが,せめて残り全て勝たないと10勝に届かないと,大関取り自体が振り出しに戻ってしまう。

栃ノ心が先に右四つを作り,力相撲で逸ノ城を寄り切り。怪力発揮。

高安と千代大龍が互いに強烈な立ち合いで互角,しかしさすがにその後の動きは高安の方が早く,右四つで万全となり寄り切った。高安勝ち越し。

朝乃山一度つっかけ。二度目,豪栄道当たるか当たらないかのタイミングで左にずれ,朝乃山を上手投げ。昨日も変化気味の立ち合いであり,昨日の今日でこれはひどい。場内がさすがに騒然としていた。朝乃山は大関初挑戦だったが,苦い記憶に。

 

勝戦線は昨日と変わらず。