大相撲五月場所十四日目

千代大龍が富士東を押し出し。千代大龍十両2で8−6,幕内に戻れるかどうかの瀬戸際。
青狼前まわしをとって千代丸を寄り切り。十両筆頭で7−7,こちらも千秋楽次第か。
豊響が頭から当たって貴ノ岩を押し倒し。貴ノ岩7−7。
阿夢露と誉富士が激しい押し合い,最後は阿夢露がまわしをとって寄り切り。決まり手は切り返し。誉富士7−7。
常幸龍諸手突き,遠藤これをかわしてもろ差し,遠藤の寄り切り。
佐田の富士が押していったが,旭天鵬が引いて回りこみ肩透かし。旭天鵬勝ち越し。
臥牙丸が琴勇輝を押し出し。
嘉風が碧山を引き落とし。
荒鷲北太樹一度合わず。二度目,北太樹思い切り変化しはたき込み。これは良い変化だろう。
佐田の海が旭秀鵬を寄り,最後は足を取って渡し込み。佐田の海7−7。
玉鷲がいなして崩し,豊ノ島を押し出し。立場が正反対のような相撲。


安美錦豪風両者頭から当たり,豪風が当たり勝ってはたき込み。
宝富士が隠岐の海を左下手投げ。宝富士勝ち越し。
栃ノ心左上手早く,魁聖必死に粘ったが栃ノ心が寄り切った。魁聖は4敗に後退,栃ノ心勝ち越し。
栃煌山が徳勝龍を肩透かし。栃煌山7−7。
逸ノ城左上手早く,勢を寄り切り。逸ノ城7−7。勢4敗目。
照ノ富士が妙義龍を寄り切り。これで照ノ富士が3敗で残り,白鵬今日の優勝は消滅。
豪栄道休場で高安不戦勝。
白鵬もろはずで押していったが攻め急ぎ,稀勢の里が土俵際右から強烈に突き落とし。白鵬3敗目,照ノ富士と3敗で並ぶ。白鵬は左右どちらかで良いから上手を取ってから攻めるべきであり,その余裕があったにもかかわらず強引に攻めた。なぜに稀勢の里にだけはこれほどむきになるのか。そしてむきになった結果負けた相撲が何番もあり,完全に逆効果である。
日馬富士深いもろ差し,琴奨菊を寄り切り。琴奨菊負け越し。


3敗で白鵬照ノ富士が並び,4敗に日馬富士稀勢の里・高安・魁聖・勢・嘉風の6人が並ぶ,大混戦。