大相撲初場所十一日目

旭日松必死に突いたが威力に欠け,千代の国のはたき込み。
玉鷲下から押し上げて富士東を押し出し。
若の里雅山を押し出し。
北太樹右四つ,いつもと逆ながら組むのは早く躊躇せず大道を寄り切った。大道負け越し。
豪風玉飛鳥を引き落とし。玉飛鳥負け越し。
時天空と栃乃若右四つがっぷりで長い相撲に。時天空足を飛ばして崩そうとしたがこれは効かず,しかし栃乃若上手が一枚でじりじりと後退,時天空が寄り切った。
千代大龍が佐田の富士に押し勝って引き落とし。あまり決めようとして引いたわけではなさそう。千代大龍まだ攻める様子だったし。
嘉風が琴勇輝を立ち会い突き起こし,さらにはたいた。
攻めたのは翔天狼だがやや強引で足が流れ,高安の肩透かし。


ふわっとした立ち会いだが成立,油断しきった隠岐の海を碧山が押し出した。これは隠岐の海の失態。
栃ノ心右四つで宝富士を釣って崩し寄り切った。
攻める臥牙丸,こらえた勢がもろ差しで入って逆転の寄り切り。これは勢よくこらえた。
豊響が舛ノ山を左から突き落とし。舛ノ山負け越し。
安美錦もろ差し,旭天鵬外四つでこらえたが安美錦が寄り切った。旭天鵬負け越し。
栃煌山今日はもろ差しではなく左四つ,豊ノ島を寄り切った。変に差し手争いを厳しくするよりは,という判断が当たった形だろう。
把瑠都今日は思い切って踏み込み,妙義龍を一気に押し出した。
豪栄道左下手松鳳山右上手,互いに片手で攻めたが豪栄道が足をかけて崩し下手投げ。
鶴竜もろ差しに阿覧極めやや膠着,鶴竜左の差し手を抜いて右からの下手投げ。鶴竜勝ち越し,ここに来て彼らしい相撲が見られる。
魁聖立ち会いよく思い切って押し込んだが,稀勢の里が土俵際で突き落とし。魁聖一歩届かず。
日馬富士機敏に動いて琴欧洲の横について送り出し。しかし,やや左足を痛めた模様。
白鵬立ち会い左上手も体勢のも不利を見て突き放し,再度組んで左差し,この差し手を使って崩し巻き替えてもろ差し,これで琴奨菊を寄り切り。